やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

La feuille morte

落ち葉

ということで、

出産後、初めての入院生活を送り、そのまま帰宅。
数日間、一歩も街をうろつく事なく過ごし、
久々のお散歩は

黄色の絨毯

そう、落ち葉だらけの道


「あ〜、ちょっとの間に、秋になったんだな〜」

そうしみじみ感じたものです。


私の中でなぜかこの「落ち葉」というフランス語が衝撃的だったんです。

直訳すると、「死んだ葉っぱ」

日本語とフランス語で、たった一つの状態でも、
捉える角度が違う事で、表現する言葉も、違ってくる面白さ。


名付けに関して、「秋生まれ」が私の中で大きくて。
結局、それて、それて、それていき、
「秋」には関係ない名前になりましたけどね。笑

今まで、「秋」って季節の存在が遠かったけど、
娘の誕生で「秋」が身近な存在になったような。


街はもうクリスマスに。
私の住む街は、家のお庭がクリスマスに。
定番の窓からぶら下がっている「振り返るサンタ」から始まり、
競い合っているかのようにすんごいことになってる向かい合わせの2軒のお宅。。。


家族で買い物中
「うちもツリー買うか??」と主人。
「まだ、見えてないだろうし(娘の視力が。)、来年でいいでしょ」と私。。。

私って、本当に現実的。。。

フランスでは、モミの木を部屋に飾る方、多いです。
でも、掃除が大変だとか。
うちはプラスチックのツリーで十分。笑
来年はしっかりクリスマスを味わおうっと。

自分が子供だった頃、あんなに大きいと感じていたツリーが
いつの間にか背を追い越し、
そんな頃には飾らなくなったな。

でも、今でも思い出す。
準備がどれだけ楽しかったか。
クリスマスの翌朝、起きた後のワクワク感。

どんなふうに私たちは子供のためにクリスマスを演出するのかな。

毎年、サンタになってきた主人。
今年は?来年は??

楽しみである。
[PR]
by junjun0625 | 2009-12-04 20:29 | quotidien 日々のこと