やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

Un couple charmante que l'on adore.

大好きなご夫婦

ということで

日本でLe couple(ル クップル)というご夫婦のミュージシャンがいましたが
そのまんま「夫婦」ってネーミングだったんですね。笑

フランス語のCoupleは夫婦もそうだし、カップルのことも示すし。

まさに、couple から couple に 自然となってたこのお二人。
大好きなんですよ〜。

念願の菜の花畑はシーズンを逃してしまったが、来年リベンジ!!
そのかわり、麦畑の中に入れたもんね!!笑
ゴールドだったね!!

そして、コートジボワールのカカオを使ってチョコを作りたい彼女。
会う度に手作りのチョコを試食させてもらえる。
こちらはいつかのお楽しみで内容は内緒。
だからこそ、早く紹介できる日が楽しみでごあんす。

自国ではないところで、企業を起こし、今までになかった事にチャレンジする彼女。
かっこいいです!
(右にある「こっちにも飛んで行け〜」のリンク、「パリのお姉さん」に行ってみそ!!)

料理人のダーリンには昔っからおいしいものを作っては招いてもらってばかり。
お家でも凝ったお料理を振る舞ってもらって、居心地のいい空間で頂くので、
最高のひとときを何度も経験させてもらいました。

パリに来て、モード関係の友達よりも、料理、お菓子の友達が多かった。
それまで「食」に興味がなかった私も未知の「うまさ」を知って行く事になりました。

今でも「最高級の素材で作る最高のうまさ」よりも
「どこにでもある、なんてことない食材でも十分においしい」が身近な私たち。

それでも「お家でレストラン」は、新発見ばかり。

H君(パティシエ)もそうだけど、「教わっておけば良かった」って帰国前に思う。

でも、私は「これおいしいね!! どうやって作ったの? レシピ教えて!!」って
一瞬思うけど、基本聞きません。(ほぼ聞かない、ほとんど聞かない、絶対?聞かない??)

だって、その人が作った、その味に、惚れたから。
どっちかというと、「また作って〜!!」って最終的に思うのです。

「おいしい」を教えてくれる友達。
パリでいっぱい出会いました。

これからもよろぴこ〜
e0153088_18325142.jpg

[PR]
by junjun0625 | 2010-06-12 09:38 | quotidien 日々のこと