やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

On invite ou pas?

招待する?しない?

ということで

今夜は主人の姉さん家族(姉さん&長男&長女)を招待。

が、長男に彼女が出来、お互いの家をよく行き来しているよう。
私たちが毎回姉さんちに行く度に彼女がいるので、
彼女が来ることのほうが多そう。

はい、お泊まりです。

長男は高校生。

こんなにお泊まりに来てたら、お姉さんも食費が増えちゃうね〜

もしうちらだったら、いつから彼氏のお泊まり許す??

みたいな会話を車でします。笑

主人の妹も高校生で、やはりパパの家に行く度に、彼がいます。
今回の南仏旅行中にもいて、私は第一印象からして良くなかった上、
さらに「こいつ、礼儀はしらないし、相当性格酷い。。。」と心底思い、
義妹はどうしてこんな男が好きなのか、全く持て理解出来ない。。。
(彼女の弟を奴隷のような扱いしたり、常に招待客のようにデーンとしている)

これって、私だけが感じてる?? 私って、心狭すぎ??
と、ちょっと不安に思い主人に聞いてみると、「俺もそう思うよ」と。
ちょっと安心。笑

パパもよくあんな口の聞き方する男を泊まらせるよなー。

ま、パパは日本のお父さんのように堅くはなく、そこら辺はご自由にタイプらしい。

そして、パパがパリに来るたび、みんなでレストランに行く。
その時に、毎回孫は彼女を連れてくる。

はい、姉さんの息子のことです。

私としてはNG。 おじいちゃんとの食事会に、彼女。。。 ないない。
別にこの彼女はきらいではないんだけど。

なので、うちにご飯を招待するときは、「彼女は抜き」となっている。
タダでさえ態度のデカイ家族(笑)なので、狭いったらありゃしない。
あ、彼等のことは好きですよ。笑

なので、今回は「彼女は来ないから、来れる」と言っていたが、
急に来ることにしたそうで、また食べさせられない。すき焼きなのに。

「彼女も誘ってあげないと、彼、来れないね。」とちょっとシュン。。。
でも、主人は「こう」と決めたら「こう」なようで、
「Tant pis pour lui」と。(仕方ないね)

子供に恋人が出来る事はいいと思う。
私は「1人目の彼」でゴールインだなんて、
人生もったいないなぁ。と思うタイプだし。

ただ、母に言われたのが、「相手をみれば、今のあなたがわかる」と。
「類は類を呼ぶ」と。

付き合いが長くなればなるほど、「相手は自分を写す鏡」。
相手を受け入れられれば、自然と相手も自分を受け入れてくれる。
相手に要求すれば、相手も要求してくる。

と、またもや話が反れちゃった。。。

自分、育ちは結構厳しいほうだったと思う。
なんだか自由な感じがするナバン家。
子育てをするようになって、ちょっとした「言い合い」が出るようになった。
今まで、全く持ってなかったんですけどね。

いろいろと考えさせられる、この違い。
日本とフランス。
それだけの違いでないのは承知だけど、さらなるハードル?を感じずにはいられない。


頑張れー!!と応援、ポチっとお願いしまーす。笑 Merci
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by junjun0625 | 2010-11-20 18:01 | quotidien 日々のこと