やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

La carte de résident 10ans

10年の滞在許可証

ということで

私はまだ1年更新ですが、来年10年ビザの申請が可能。なはず。

Mixiで何やらそう簡単ではなさそうなお話を読んで、ちょっとビックリしているところ。

行く地域の管轄にもよるんだろうけど。。。

私の管轄のpréfectureは配偶者がフランス人ってだけで
ちょっと態度が違う気がする。(私にはお得な話なんだけど)

実際順番待ちしている間、子供連れがすんごい多いんだけど、
パートナーがフランス人って人は、たくさんいない気がする。
ちなみに私の管轄は91県で、Sous-préfecture Palaiseau です。

毎年更新のたびにパートナー同伴が義務。
毎回10年カードの話になる。
「結婚何年目」と。

うちは2008年に結婚したので
「じゃー再来年ね」 「じゃー次回ね!」と言われ続けてきた。

なので、申請すれば貰えるものだと思っていたが、そうでもなさそうだ。。。

申請する権利があるだけの話なよう。

10年カード貰ったら、いつでも日本に少し長く帰ろうと計画している。
って貰ったら速攻!!って訳ではないのだけれど。


一つやりたいことがあって。

娘に日本の教育も受けさせる事。

主人はむかーし日本に行った時(10代か20代頭)に
知り合いの子供の紹介で小学校に一日体験したんですね。

その時にかなりの衝撃を受けたようで、今でもフランス人に話てみんなを驚かせている。

なによりビビったのが、給食とお掃除。

時間になったら、誰も文句を言わずに割烹着をきて、配膳し、
みんなきちんと列に並んで、お片づけまで自分達でする。

掃除だって、誰も文句を言わずに(笑)分担して掃除する。

日本で育った私には当然のこと。

でも、食堂でおばさんたちに配膳され、掃除だって掃除係の大人がするフランス。
で育った彼には、もうおったまげたらしい。

確かにいろいろ思う所はある。

給食だって、食堂に行かないでお家に帰ってもいいのだ。
学校の途中で家に帰るって。。。 って感じだけど。

「食堂のメシみたいで、まずぞー」

と、産後の入院中、高校生の甥っ子と、中学生の姪っ子が娘に会いに来てくれんだけど、
人様の夕ご飯時に来てそんな事を何度も言われた時は「何てガキだ」って本気で思った。

まず、相部屋なので、お隣にも新米ママがいて、彼女もその「まずそー」な夕食を頂く。
ってか、まずくないんだけどね。 見た目が、なんだか食べ放題なだけで。
(強いて言えば、お野菜がくたってしているのがいけてないだけ)

私は子供が行く食堂に行った事がないのでなんとも言えないが、
家で好きなものだけ食べてたら、「出されたものを頂く」ってことが日常ではない。
平気で人様んちでも、レストランでも「不味い」「やだ」とか言ってる彼等。

かといって、グルメでもなんでもない。 
だって、昼飯なんてピザか出来合いのチンするやつだし。

なんでも言う人種だとしても、マナー範囲ってものぐらいは身につけるべきだ。
ズケズケいっても許されるのは、小学生までだろう。

掃除だって、「パリは美しい町」だとしても、私は「下は見るな」と紹介している。
ゴミ箱がそっこらじゅうにあるのに、道路がきったなーいったら、ありゃしない。

今でこそ犬の糞を放置して見つかったら、罰金!!(イエーイ)だけど、
高級住宅街なのに糞だらけ(犬を飼うのは一時期流行っていた)で驚いた。

はい、汚しても平気なんです。 だって、掃除してお給料を貰う人がいるから。

まずこの神経が理解不能です。 

こういう面で主人的には「日本の学校」は魅力的なよう。
かといって、日本とフランスの教育レベルが違うので、
のんびりで塾にいかないとヤバい環境なのは、フランスに戻った時しんどいはず。

と良し悪しがそれぞれにあって。

どっちもいい所取りが可能だとは思わないけれど、
彼女には(本人が望めば)そういうチャンスがあるわけで、
やっぱり「さすらう隙間」はいろんな経験が出来るんだろうなぁと漠然と思って終わる。笑

そんな事よりも、まずは彼女のカカ(うんち)をキレイにしますか。笑


応援クリックありがとう!! これからもよろしくです。 Merci
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

[PR]
by junjun0625 | 2010-11-26 09:00 | quotidien 日々のこと