やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

妻のつぶやき

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

各家庭ごとに習慣はちがう

国際結婚だろうが同じ国民同士であろうがそれは同じであろう

もしかしたら、同じ国民同士のほうがハードルは高そうな

国際結婚だと「違って当たり前」誰もが思うから

多少の違いは「へー」みたいな


結婚し、相手の家族との付き合い方もそれぞれであろう

私は恵まれているのか、そこそこ仲が良い



が、結婚したてのころはまだフランス語レベルは低かった私。

日本語が話せるお義姉さん(お嫁さん)が「お義父さん、口が悪すぎる」と。

でもまだそのニュアンスまで理解できなかった私に

「フランス語、わからないほうがいいわよ」と笑っていた。


気づくと主人に「パパのあの言い方、ひどいわ」とか愚痴る私。

そこそこ理解できるようになってわかる、悪い面。


でも、わからないよりもわかるほうが良い。


語学学生だったころ、「なぜフランス後を学びたいのか?」という質問に

「フランス人とケンカがしたいから」と大真面目に答えていた女性がいた。

今なら理解できる私がいる。


話しを戻して。


各家庭ごとの事情もあるだろう。

自分の家族のこと、相手の家族のこと。

ちょこちょこ心配事はある。

自分は相手の家族にどこまで突っ込んでいっていいのか。

「もし自分だったら」「もしこのシチュエーションが自分の親だったら」と考える私。

酷なことだって、親にいわなきゃならないときがあるもんなんだなぁと。


夫婦間でも「言わなきゃわからない」ということで小競り合いになるもので、

言いづらいことも、そう前置きして話しをするよう努めている。


私が大げさに考えているだけなのか、

これからママたちに会うっていうのに、ちょっぴり胸が痛い。


親と子の関係だって、人と人との関係で、絆が強そうで、実はもろかったり。



ちょっと悶々とした日々が続いたので、つぶやいてみました。

 
おまけの写真
e0153088_1812888.jpg

Tシャツもおパンツもキティちゃんなのよ!



フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

よい日曜日を!
[PR]
by junjun0625 | 2012-09-30 18:02 | quotidien 日々のこと