やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

3歳3ヵ月、言葉の成長記録。

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

幼稚園に通い出して4ヶ月。

通い出した当初は全然日本語のほうが強く、日本語で話しかけている姿を何度も目撃。

今では日本語とフランス語がちゃんぽんで、ひどいです。

しまいに、”よー”とか”だー”とかを文末につけるのです。

1、2年経てば、使い分けられるようになるそうなので、

これはこれで、二ヶ国語で育つ子供にとって、通るべき道なんでしょう。


e0153088_20374124.jpg



日本語の単語力も増え、「オセアン ○○ する、したい、した。」

の使い分けをするようになってきました。

最近は指切りげんまんが好きで、「ヤクショク(約束)」を要求してきます。



フランス語もなかなか成長してきています。

J'ai mal à la bouche! (口がいたい) と、完璧な文法で主人も驚き。

発音はまだ子供独特で、

「お名前は?」と聞かれて、「オシェアン」になってしまい、大体の人は「?」って。笑

一応、お店の人に何か聞かれても、ちゃんとOui か Non の返答が出来ているので

そこそこ理解出来ているようです。

口癖というか、フランス人独特の表現を頻繁に使います。

Voila ( はい、できた~) とか、 Youpi~(やった~)とか、オップラー(よいしょ)とかとか。

なんかいっちょ前な感じです。笑 

あ、comme ça (コムサ、こんな風に)って言いながら絵を描きますね。笑


e0153088_2057935.jpg

時々乗られちゃってる主人。笑 


まだ日本語の方がレベルは上な感じ。

今は自分が伝えたい気持ちを手持ちの単語で表現しようと必死な感じ。

一ヶ国語の子供と比べると、まだ一年分遅れているとは思う。


幼稚園の朝は主人が送っていく。 

最初はみんなが集まるまで好きに遊べるんだけど、

友達に混ざっていくというより、一人で遊ぶようで、主人からするとさみしく映るよう。

お迎えにいくと、友達とじゃれ合っているのを見ている私。

でも、お昼寝の時、ベッドに入りつつも、お隣の子と普通に会話をする子たちに比べたら、

同じように会話ができない娘は、どう感じているのかなぁと、ちょっと思ってみたり。

疎外感とか感じるのかなぁ。

自分は幼稚園で、自由時間になると、お気に入りの毛布を取って、

おままごとを一人でしたり、誰か一緒だったり。なぜかよく覚えている。

ただ、誰かと遊ぼうと自分からしていたわけではない、個人プレータイプだったので、

あまり、莉乙奈の朝誰かと遊ぼうとしないことに、心配はしていない。


本人はこうやって育つ環境が当たり前だから、不便さは感じていないのかもしれないけど、

実際はどう感じているのかなぁって。

ただ、両親が違う国籍同士の友人たちは、

「どうして子供の時、教えてくれなかったんだろう」とか、

「フランス語だけにして!なんて言わなければよかった」とか聞くので、

子供は小さいころちょっと大変かもしれないけど、後に大きな財産となるように、

親として、意識して取り入れ、気長に言語の成長を見守ろうと思う。




読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2013-01-20 21:16 | quotidien 日々のこと