やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

バイリンガルにさせると言うこと

HPが出来ました! 
ma boubounette


シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook


**************************************************************

ということで

続きになりますが、

オキシタンは地方の言葉なので、通じる人が少ないし、学ぶ必要性は特にない。

けれど、学校の教える先生の考えや姿勢を聞いて、素晴らしいと思ったのです。

こんなに熱心に教えてくれる、何より、先生が熱意があることに感動。

幼稚園児に教えるって、すごく大変なことだと思うし。


そして、年中さんから始めると、自然と身につけていけるそう。

これが年長さんになると、頭の中で考えられるようになっているため、つまずきやすいそう。


年中さんから、オキシタンを習う子のクラス、習わない子のクラスと分かれるそう。

なんと、授業そのものがオキシタン語で行われると。

午前中はオキシタン、午後はフランス語、明日はその逆、とか。

年中さんの先生は、オキシタンの時はわかりやすくネックレスをつけるとか、

座る場所を変えることで、子供たちが先生を見て、今はオキシタンだ、と分かるようにしているそう。

フランス語を身につけていくように、オキシタンも自然と学ぶようにしていると。

で、どうしても説明が必要な場合のみ、フランス語で説明するそう。


英語ではない理由は、聞き間違えかもしれないんだけど、

幼稚園では、他の国の言葉の教育はダメだそうで、地方の言語ならOKと決められているそう。

そして、二ヶ国語で学ぶことで、違う言語をのちに学ぶとき、とてもスムーズだそう。


例えば、娘はすでに二ヶ国語。遅れがある。 やっとフランス語のレベルが上がってきたところ。

日本語の方が今でも上手。 フランスに住んでいて、幼稚園にも行っているのに!

でも、日々、お!覚えてきたな!という状況なのだけど。

先生に、うちの状況を話して、負担にならないか?と聞いたところ。

友人の子供(日仏)が年長さんで、オキシタンのクラスを先行している。

で、先生曰く、”彼はとっても飲み込みがよかったことにきづきました”と。

二ヶ国語がベースで、彼に語学のセンスもあるんだろうけど。

だから、先生からしたら、心配いらないです、とのこと。


そして、オキシタンだとしても、バイリンガル教育になる。

それについて。

バイリンガルにさせるというのは、親の要求なわけで、子供の意志ではないと。

だから、家族全体で参加すべきだと。

精神的サポート(わからない。。。という子もいたりするそう)や、

一緒に学んだことを親も一緒にやるとか。

すぐに身につくものではないから、続けることが大事です、とも。

これはまさに自分たちの家庭環境にも言えることだなと。


なぜオキシタンで、英語ではないか、という理由も、

スペシャリストの講演のビデオを聞かせてくれたりと、まさに説明会!でした。

年少さんは30人以上はいるはずなのに、7組の家族しか説明会にいませんでしたが。。。


e0153088_2301151.jpg

カフェ日和。 
莉乙奈のネックレスは、ゴムにラムネが通してあるので、
食べたいときに引っ張って食べれるというフランス定番子供菓子の一つです。




自分に語学のセンスがないので、子供には!と思っている自分がいると思う。

前提には私の家族とも会話ができてほしい!という願いもある。


何度も言うけれど、莉乙奈の言葉の成長は本当に遅いと思う。

2歳過ぎて、やっと自分の名前が言えるようになった感じだったし、

3歳過ぎてやっと、意志の疎通がぼちぼち出きるようになった感じだったし。

3歳半、今でも”何をおっしゃってますの??”ってこともあるけれど、

日本語はすごい成長しているし、フランス語も一丁前になりだしてきたし!

心配したことはないんだけど、軌道に乗り出したぞ!っていう感がようやく出てきました。

逆に心配なのが、というか、イヤなのが。

フランスの子供って、大人に大しての口のききかたがなってない、んですよね。

”もー、わかったよー” みたいな、しょうがないなぁ、みたいな言い方するんですわ!

親に対してその態度は何だ!って言いたくなるんですわ、私は。

でも、こっちでは別に普通な感じ? 

"Bon, d'accord-"っていわれると、こらー!って思うのです。

そういう言い方をするのです!笑 

フランス語だったら使っても普通な言い方をどこまで受け入れるか。。。

とにかく、目上の人に対する口のきき方は、フランス語だろうが!とは思っているのですが。

みなさん、どうしているのでしょうか。


e0153088_230398.jpg

主人のパパのおうちにて。 莉乙奈と19歳のおばさん(義妹)と猫。


ま、バイリンガル教育とは、親のエゴですわな!笑




読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2013-04-18 23:03 | quotidien 日々のこと