やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

un samedi matin

 とある土曜の朝

って、今日のことなんですが。笑

 すっかり春めいた日差しと、それぞれの家のお庭に咲く花たちと、近くを通ればがさごそと動き出すやもりやいもり達。 

 春ですね〜。

 土曜は市場があるので、早くに目覚めて、ちゃっちゃと洗い物(うちは昨晩の洗い物は翌朝やるんですわ。。。)を済ませたので、顔を洗って、「ちょっくらMarchéへレッツだドン!!」 。

 駅までの道は、いつも電車に乗るためだけの道のりで、「コレのがしたら15分待ち〜ってか、予定に遅れる〜」と、なかなかなスピードで歩くんですね。 でも、今日は電車との勝負はないので、のんびりと。 

 日本の友達からのお便りが届いていたので、読みながら。
 なかなかに短い手紙でも、とってもうれしい事が書いてあったので、こっちもニンマリ。

 もうだいぶ前のある日、前を歩いていたおじさんが、いきなり線路沿いのフェンスに石を並べだした事があって。

 その日よりももっと後のある日に、前を歩いていた別のおじさんが、並べられた石をはじき飛ばして歩いていた事があって。 それからは、この街のじじぃは、タンコブじぃさんか、イジワルじぃさんだ。。。と思うように。笑

 でも、今日はもっといい発見をして、ニンマリを越えて、ニヤニヤでしたね。 

 もっと、もっと、小さなでこぼこにも、石が一個、一個、のっけてあったんです。 長い距離で。
かわいいじゃないですか〜!

 それからMarchéでは、主にフルーツを買い込み、ちょっと魚屋さ〜んで、いわしちゃんたちを購入。
日本のレシピ本に載ってた魚のミンチハンバーグが食べたくって。笑 
これから勢いで買ったというか、安かったので1キロ分のいわしちゃんの切腹をしようと思います。
ってか、魚をさばくの。。。初めてなのね〜。 
普段なら、頼べば魚屋さんのおっちゃんが手際よくやってくれるんだけど、小魚1キロは「やらねーぜ」っていう手つきだったでね、これはいいチャンス。 やってみまっかー!!と。

 そして、帰り道。

 どこのお家にも、黄色の水仙が見事に咲き乱れているんですね。

 水仙はきっと一生、特別な存在だろうなって。

 私の結婚式のブーケが、水仙だったんですね。
初めから、「黄色の水仙がいい!!」と、唯一こだわり続けた部分で。
が、しかし、「季節がちょっと終わってるよ。」ってことで、一時期断念。。。

 でも、どうしても白いブーケ、ちょっとピンクなブーケが、嫌だったんですわ。
「きいろなら、なんでもいいよ!」  「黄色のお花って、種類が少ないからいい花を見つけにくいよ。。。」
って、ことで、とことん諦めモードへ。。。

 なので、一時期はもう普通のブーケで手打ったような。。。 

 しつこかったんですね、私。笑 
「やっぱり、黄色じゃなきゃいやじゃ〜」って気持ちが強くなり、ダメもとで最後の願いを打ち明けたんですわ。

 私たちの結婚式のお花すべてを担当してくれたのが、Pont-neufのAKIKOちゃまで。
わがまま言い放題。 さすがプロ。 もっと、もっと、素敵な仕上がりにしてくれました。

 きっと、去年の春は寒かったおかげか、水仙が生き延びてくれてました、4月末まで。
この年、一番のよい天気が、私たちの結婚式の日で。 これはもう、最高のご褒美でした。

 その甲斐あって、私の知っている水仙よりも、もっともっと、愛らしい、フリルいっぱいの黄色の水仙のブーケを、AKIKOちゃまは、作ってくれたんです!  本当に、これ以上ない素敵なブーケだったと思うわ。笑

 そんなこんなで、もうすぐ結婚して1年になりますね。 
もう一緒に住んで3年以上経つので、新婚新婚言われてた去年ですが、まーったくもって新婚ちゃいますわーって気分でしたが、やっぱり結婚式はいいものですね。笑

 そんな気分にさせるもの、この温かい日差しのせいかしら??
あまりオセンチにならないのでね、私。 

 そんな私も、魚の内蔵まみれにコレからなろうと思います。


あ、昨日は、昨日で、めちゃくちゃおいし〜い夜ご飯だったんですわ。
友達カップルがわんこちゃん連れて来てくれて。
ここの旦那はんが、料理人。 いつもなにか作って持って来てくれてたんだけど、パリから持ってくるには長距離なので、「家で作って〜。 で、うちの主人に手伝わせて〜。 で、簡単パスタ!!」をリクエスト。

もう、しこたま材料持って来てくれて! いや〜、申し訳ない。 
けど、うまかった〜。

ほおばった、ほおばった。 なすを油であげて火を通し、っていう一手間かかった下準備の甲斐がありますわ!!
こういうところ、手間を惜しんじゃいけないな〜って。 食感がちゃいますわい。
お肉も、柔らかくって、「まわりこんがり焼いて、あまり火を通してないねん(関西人ですのよ)」ってことで、これまたプロ技。 それぞれの素材にあった料理法。 最後に一緒になった時の盛大さは、格別です!!

たくさん作ってくれたので、お昼も☆ 
誰か来るようなので、なすとソースでかさ増しして、おもてなししようと思います!!
ありがとう、キャベツくん☆
[PR]
by junjun0625 | 2009-03-21 10:02 | quotidien 日々のこと