「ほっ」と。キャンペーン

やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

カテゴリ:Bio オーガニックライフ( 20 )

久々にオーガニック商品

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 

ma boubounette


ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook


**************************************************************

ということで

日々の食生活、家で食べるものは90%はオーガニックのものをチョイス。

オーガニックじゃないものは、

ブドウの種の油。 

時々買う、お気に入りのビスケット。

デカフェインのコーヒー。

オイスターソース。

あとは、日本から送ってもらう食品。

キッチンを見渡してみたら、この程度でした。


久々にオーガニック商品。

前々から買おうと思っていた、エッセンシャルオイル。

e0153088_17465236.jpg


左から、モンダリン(柑橘系で、ミカンのようなもの)。真ん中はグレープフルーツ。

右は莉乙奈用で、紫のものが、ラベンダー。 

これは学校からシラミを貰って来ないようにするため。

毎朝、耳の後ろに、ちょこっとつけてあげるだけ。

友人は、シラミを貰いやすかったようで、

髪を結うシュシュの中にラベンダーそのものを入れたものを作って、使っていたそうです。

これはナイスアイディア!!!

ここ、南フランスはラベンダーで有名。

ラベンダーといえば、プロバンス!なんですが、ここら辺でも、山に映えています。

でも、蜂さんたちがうじゃうじゃいるので、気を付けないとなんですけどね!

この蜂さんも、環境保護に多いに役立っていること、知っていますか?

これはまた、別の時に。


モンダリンとグレープフルーツは私の好きな香り。

主に、洗濯するときにちょこっとたらします。

うちの洗濯洗剤は、重曹と過炭酸水素ナトリウムとお酢なので、無臭の仕上がり。

他のひとのおうちで洗濯したあと、すごい香りで、びっくりします。笑

無臭になれてしまったせいですね。

主人がパパのおうちで自宅治療していた一か月。

帰ってきてからも、何度も洗濯しても、その時の洗剤の香りが取れませんでした。

あまり香りの強いものが得意じゃないので、バスで香水つけた人がそばに座ったら、アウトです。汗

そんな私ですが、クリスマスでDiorの香水をいただいてしまい。。。

どうにも、こうにも、ブルドーック。(古い!) で、保管しています。



e0153088_17464645.jpg

原産地はさまざま。 イタリア、パラグアイ、フランス。

パッケージがオーガニックオーガニックしていなくって、購入しました。笑


明日、早速、登校前に使ってみます!


e0153088_17462851.jpg

ご褒美に莉乙奈チョイスのビーズでイヤリングを。

やっぱり、女の子ですね!







読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2014-02-02 18:04 | Bio オーガニックライフ

最近の台所事情

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 

ma boubounette


ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook


**************************************************************

ということで

以前も一時期玄米を食べていたのですが、

いつもお米を買うビオのお店で、この街の日本人三人とも同じお米を頻繁に買うので

"25kgまとめて購入で10割引きするよ~"とのことで

白米と半玄米をみんなで分けて買って以来、玄米から遠ざかっていました。

結局、友人たちは白米の消費がすんごいようで、各自で25kg買いに!!

私はそこからおすそ分けしてもらっているのですが、

玄米の栄養素のすばらしさを思うと、ちょっとあやかりたいな、と。

ちょっと手抜き料理でも、栄養満点の玄米と汁物と、簡単なおかずで許される!!笑

そんな下心で、玄米に切り替えました。笑


そして、大豆。

豆乳をがっつり飲んだ月、生理がへ???ってくらい遅れたのです。

一人目出産前はちょー定期的な生理周期。

二度の流産後から、なんか変化したな。。。という感じ。

それでも、結構定期的なんですがね。

豆乳って体にいいんだぁ~ってことで、牛乳をやめて、豆乳にしたんです。

一日にコップ2.3杯は飲んでいました。

女性ホルモンへの影響があるって記事を読んで、生理が遅れたのはこのせいかも。。。

っと勝手に思っているのですが、

生理の定期的具合は、私の中で健康チェックの目安なので、それ以来飲んでいません。

でも、大豆食品って、フランスでは、中華スーパーもそばにない環境だと、

滅多に口にしないので、よし、大豆!!! と、これまたビオショップへ。

当時は置いていなくって、3キロのまとめ買いでお取り寄せ。

でもね。

e0153088_15354.jpg

日本みたく、まん丸い状態のが、え-っと。。。 ほんのわずかしかない!!!

なぜかすべて半分に割れてしまっているのです。

で、これを。 莉乙奈と、丸いもの(お客さんが来るとき用)と分けたんですが、

水につけている間に、また割やがったー!!!!!泣

もう、笑えました。 

e0153088_152853.jpg

一晩水につけて、朝に煮る。と、こんな感じ。

ちょっと多めに煮ます。いろんなお料理に混ぜれて、なかなかいい!!

私はお肉好きなんですが、そんなに食べなくてもいいと思うように。

ただ主人がね、お肉お肉!!なもんで。

でも、栄養素として、なかなか大豆はいいんだぞ!と理解してくれたので、

お肉をこの大豆でカバーすることも増えました。


冷凍野菜!って怒られそうですが、って誰に?

私はこちらを愛用です。

e0153088_154239.jpg

なんか、フランスの生のほうれん草の調理がうまくできず、この冷凍に頼っています。

これも、一袋まとめて、火を通して戻してしまいます。

幸いに、莉乙奈はほうれん草が大好き!!

3日ぐらいでなくなります。

ほうれん草のほかに、いんげんも常備しておいています。

ささっともうひと野菜欲しい!って時に大活躍。 


こんなこと書いていますが、たいしてお料理できません。笑

最低限はできていると思うし、作るのは好きなんですけどね、

イマイチ、越えられない高い壁がありましてぇ。って、どんな壁?


e0153088_151836.jpg

キッチンにいれば、さささっと現れる莉乙奈。。。の足元!!!笑


洗濯して仕舞っていなかった足袋を、履いてました。笑

今日は一日、足袋生活してますわ。

履く機会も少ないし、サイズもそのうち合わなくなるだろうから、好きに履かせようかと。笑


e0153088_151140.jpg

好きにさせてけろ~
 






読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
Merci
[PR]
by junjun0625 | 2014-01-09 01:29 | Bio オーガニックライフ

おいしいお茶

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 

ma boubounette


ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook


**************************************************************

ということで

今回両親が来る時に、日本のお茶を持ってきてもらいました。

緑茶 なるものはこっちでも売っているのですが、

ほうじ茶が飲みたかったので、自分でネットで検索。

オーガニックのお茶がどうしても欲しかったから。


あれこれ見て、ここのお茶飲んでみたい!と思ったお茶に決定。


自然のわ研究会の杉本園さんにて購入いたしました。

e0153088_1903314.jpg


私が選んだのは ”ほうじ玄米茶”。

自然栽培と有機栽培のそれぞれを買ってみました。

玄米が入ることで、本当に香ばしいお茶。

なにより、安心して飲める事が何よりうれしい。


一緒に同封されていたものを読んでみたら、

やはり放射線などでご苦労されていたようで、安全第一で2トンも処分されたとか。

すでに20年目だそうです、無農薬に移行されてから!

茶畑は静岡のお茶処、牧之原台地で、周りは山に囲まれた畑だそうで、

周りの畑が使用する農薬が飛んでくることもないそうです!

この周りの方の農薬って、案外大事なことなんですよね。

化学肥料&農薬で育った作物の種が飛んできてしまうこともあるそうですから。


そして、読んでいくと、あら!

e0153088_190242.jpg

たまたま買ってみた本に出ていた方でした!

この本、パリに行ったとき、ブックオフで気になったので買ったもの。

確か10年ほど前?の発行だったような気がするけど、

10年程度で大きな変化が見られるとは思わないと思い買ったのです。

いやはや、知らないって怖いなぁ。こんなもの、子供に食べさせたくないなぁ。

と、読者を怖がらせるだけでなく、

じゃぁどういうもの選べばいいの?という事も記してある一冊です。

一家の食を握る立場として、大事なことだな、と。


そして、楽天を通じての購入だったのですが、

きちんと作り手さんから連絡が来たので、びっくり!!!

しかも迅速なんです!


自分も子供服をネット販売をしているので、

迅速な対応から感じる安心感を学びました。


お茶もおいしかったし、莉乙奈もお茶を飲むので、安全なことは何よりうれしい。

次は違うお茶を購入してみよう、もちろん、杉本園さんで!!! 


信頼出来るお茶屋さんみ~つけた!





読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2013-06-25 19:17 | Bio オーガニックライフ

バレンタインで想うチョコレート

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

フランスでは Saint Valentin (サン ヴァロンタン、聖ヴァレンタイン)の日。

フランス人は聖人の名前から名付けが多いので、もちろん、ヴァロンタン君がいる。

主人のいとこの子供がまさにヴァロンタン君で、

初めて会ったとき、そんな名前つけちゃうんだ!と驚いたが、

それは日本人である私のバレンタインデーというへんな先入観からきているだけ。笑

そして、私はフランスに来てから、一度もバレンタインにチョコやらを贈ったことがない。

都合のいいように、フランス女かぶれで、贈られる側に徹している。笑

きっと、フランス人が日本のバレンタインデーの様子を見たら、ビックリするはず。

日本人はいろんなことをビジネスに変えるプロである!


さて、チョコレート。

数年前まで、チョコにこれといったこだわりは全くなかった。

日本にいたころはダースチョコレートをよく食べていた。 

折らなくていいから。笑 ず、ずぼら具合がひどいわね、私。。。


パリに住むようになって、日本人経営の語学学校に通い、

とりあえずベースの文法は学べて(幸いにもモチベーションの高めの先生だったが今はどうかな。。。)

何より、いろんなプロフェッショナルな日本人に出会った。

韓国人もボチボチいたけれど、どちらかというとお嬢様や学生さんが多めだったかな。

日本人の特に料理人やパティシエさんが多かった。

そして、彼らはパリ中のレストランで働いているので、横のつながりがすごい!!!

当時はよく料理人の友人宅でおいしいものをいただいたものである。 ふふふ。

そして、そのつながりで知り合った友人の一人に、現在チョコレートを販売している方がいる。


afrinote

家族ぐるみで仲良しで、大事な友人。

フェアトレードやオーガニックにとても関心の高い彼女。

芯が通っていて、彼女の考えや行動力には、本当に頭が下がる。


彼女のチョコレートに使われるカカオはコートジボワール産。

こちらを読んでみて


例えば、市販のチョコレートと、フェアトレードのチョコレートの価格の違いに驚く。

安ければ安いほど、働き手の賃金が安いとか、原材料の点で何かあるか。

どちらにしろ、カカオは遠くから運ばれてくる。

そして、児童労働や低賃金などの問題は明るみになっている。

何より、働かされている子供たちは、

このカカオがチョコレートになって、チョコレートの味を知らないそう。

自分の子供はチョコレートが大好きだ。 

でも、チョコレートの材料のために働かされている子供はチョコレートなどしらないのだ。

悲しすぎる。

だから、フェアトレードを買うことをおすすめしたいと思います。

ちょっと高いけど、安いものをガブガブ食べるよりも、本当の幸せを味わえます。


何よりも、afrinoteのチョコレートのすばらしい点は原材料。

実際にコートジボワールに女一人で渡り、カカオの買いつけに試行錯誤してきた彼女。

あちらではサポートしてくださる方にも恵まれ、無事に戻って来ました! 

やはり治安の面など本当に心配だったので、安心しましたねぇ~


カカオはフランスの工場で製造してもらい、その後、彼女が製品化している。

スーパーで見かけるチョコレートの原材料、みてみてください。

少なくとも、お砂糖、カカオ、ココアバター、全粉乳(粉ミルクのことみたい)、

そして、それに添加物が入ってくるかと。


で、afrinoteのチョコは、お砂糖、カカオ、ココアバター (ミルクチョコの時は粉乳プラス)。以上!!!

このシンプルな材料でチョコレートは出来る!

賞味期限だって一年は持つんだから、ビックリマンボー。 

ただし、ガナッシュなどが入っているのものは期間が短くなるそう。

彼女に聞くと、他のものより溶けやすいんだけどね、とのこと。

手に取ったら溶けちゃう、そんなことはまったくないから、取り扱う側にとって、のことかな。

どうかな?笑

でも、今まで困ったことは一度もないので、問題ない。


添加物を極力避ける、オーガニックのもの、フェアトレードショップでのボランティア、

そんな彼女の作るチョコレートは彼女そのもの。

まだコートジボワールではオーガニックのフェアトレードのカカオ畑はないそうです。

でも、そういう場所が作られるためにも、こういう活動が必要なんですよね。

現状改善。 

自分のことだけを考えた生き方よりも、まわりにも目を向けられる視野の広さ。

それは人生をも豊かさにさせる。

私はそう思う。


afrinoteのチョコレートに興味のある方!

どんどん彼女にコンタクトをとってみてください。

彼女のブログの左側にアドレスがあります。 



日本では岐阜県のレストラン、淡路島のケーキ屋さん、銀座のレストランで食せます。


日本でも、彼女の想いがたっぷりつまったチョコレートが

一人でも多くの方に味わっていただける日を願って。


バレンタインだからこそ想う、チョコレートのお話でした。





読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2013-02-10 18:26 | Bio オーガニックライフ

生きるための知恵

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

ひょんな事から読んだとあるサイト。

科学者の方がかかれているのですが、いやー混乱します。

混乱しつつも、自分が信じて疑わないことを全否定されていても、

やっぱり読みつづけてしまう内容。

そうしているうちに、自分がなにを願っているのかが見えてきたような気がしました。

共感できる記事もあれば、そんなぁと思う記事もあり。

でも、違う角度からとらえた考えたかたを知ることって大事な気がします。

常に自分の考えと同じものばかり読んでいれば、偏っていく。

気づくと、真実がねじ曲げられている場合だってあるかもしれない。


今、自分が一番興味のあることは、やはり食生活の安全性。

科学の視点からいくと、農薬は安全だし、添加物も安全だそうです。

すべての話は、時をさかのぼり、その背景である歴史と共に解説されている。

なので、納得出来る部分が多いにある。


たとえば、農薬が使われるようになり、現在も世界一の使用率の理由。

戦後、人々の食をまかなうために効率よく作物を作る必要があり、

害虫による不作を防ぐ防虫剤や除草剤が使われ、農薬がまかれるようになり、

そのおかげで生産率があがり、人々の食をまかなうことに成功したと。

で、今では、農家の方がお年寄りばかり。若者はとても少ないそうです。

そうなると、無農薬など、手のかかる農業を強いるのは酷な話、

農薬などを使って、少しでも楽に作っていただけるように、

この著者は農薬野菜をむしろ買う!と。 

日本では農家という職業が過酷労働なのに収入が少ないことで軽視されていると。

なら、デスクワークで月二倍のお給料のほうがいい!と若者は思うのは仕方ないと。

これはまだ調べていないのですが、農家の方を支援するシステムはないのでしょうか?

失業率があがり、企業もつぶれていき、就職難ならば、

農業をするってとてもいいと思うのです。

日本は自給率をあげる必要性があるはず。国をあげて支持していくべき職業かと。


でも、その前に自分たちの食生活の見直しが必要だなって思いました。

それは、日本の食べ残しが40パーセントもあるそうです。

輸入に頼っておきながら、これだけの廃棄があるって、相当の無駄使いもいいところ。

食べ物に困っている人々がいるのに、お金があるというだけで、この有様。ひどいですね。

「賞味期限が過ぎた」とポイポイおにぎりやお弁当をかごに入れていくコンビニ、

私は大反対です。 

何より、ど田舎で夜中のお客は何人?っていう立地条件でも

まぶしい光を放つ24時間営業のコンビニはおかしい。


そして、添加物も安全だと。

動物実験やこの添加物が使用されてから何も問題が起きていないという歴史的事実のもと、

安全であるそうです。発がん性や難しい名前の病名なども、問題ないと。

もともと、添加物が必要になったのは、腐敗やカビによる食中毒を防ぐためだそうです。

毒性の強い細菌の繁殖を抑えることで、多くの命が助かった、てる、という事実があると。

なにより、食品そのもののもつ毒性のほうが危険だと、専門家の方はいうそうです。


そういうものから身を守るのは、やはり、過剰摂取をせず、いろんな食品を食べることですね。

添加物が必要な食品の摂取を減らせばいいとも思うのですが、

そうもいかない現代の食生活?


ただ、最終的に思うのは、やはり化学物質まみれなものを子供には食べさせたくないということ。

科学で証明されていようが、発がん性がなく人体に影響はないといわれようが、

身じかにオーガニック野菜を買える環境がある限り、

農薬野菜を買おうとは思わないし、彼らにも無農薬での生産を願う。

自分が作る立場ではないので、そんな過酷労働をさせるようなことを!と言われそうですが。。。

オーガニック野菜が高価でも、その理由を知っているし、

残留農薬はないと科学的に言われても、気分的に受け付けませんよね。

事実、農薬野菜を作る方が自分では食べないというほどですから。

あとは、食べ残しをなくし、食材も余すことなく使うこと。

腹八分目!は寿命をのばすそうです。

食べ過ぎをやめ、腹八分目で、次の食事には空腹で挑む!笑

さらにおいしく感じる事が出来、一石二鳥!


どんなに安全だと言われても、選択の余地がある限り、私はオーガニックを選びたい。

と同時に、昔の人の知恵というのは、すごいなぁと。

日本の四季折々の美しさの再確認まで出来ちゃったり。


何を信じるかは結局は個人の問題なんでしょうね。

でも、根拠もなく誰が言ったからと信じるのは問題があるなぁと。

なので、肯定、否定、中立、いろんな角度から見れる自分がまず必要だなと。

なんせ、初級なんで。笑 





読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
 情報過多だからこそ 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
  
[PR]
by junjun0625 | 2013-01-17 01:17 | Bio オーガニックライフ

オーガニックを食すようになって

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

気づけばオーガニックでないものを買おうとすると

すんごい躊躇する自分がいるようになりました。

かといって、日本食を作るのに、すべてオーガニックでみつかるわけでもなく。

かなり悩む。

タピオカ粉がオーガニックのお店で売っているのが、さらさらの粉じゃなく、ちょっと粒粒。

さらっさらのが欲しいの、わたし。笑 

中華スーパーにいけば、さらっさらのがあるのよ!笑

悩む。


子供の体に化学物質が染み込んだものを食べさせるなんて、嫌だし。

いつか来てくれるであろう赤ちゃんのためにも、

わたしの体から少しでも価格物質を減らしたいし。


”生まれながらにして、化学物質で汚染されている赤ちゃん” 

これはわたしにはかなりの衝撃でした。


わすれがちな、調味料も化学調味料はやめないとですね。


あれこれ排除すると、冷蔵庫が結構すっきりします。


洗濯は重曹と過炭酸ナトリウムとお酢で、とってもいいです! 

作られた匂いが苦手なので、この無臭がとてもいい!

エッセンシャルオイルを数的たらしてお洗濯で、時々天然の香りはいいかも。

でも、オーガニックのエッセンシャルオイルはちょっと高いので、いつか。笑


食器洗い時も、汚れの少ないもの、油汚れではないものは、洗剤なしでまず洗う。

洗剤の量も気持ち少なめに出すようにして、水質汚染を気にしてみたり。


意気込んでやってみたことも、今では当たり前に。

自分たちの体だけじゃなく、地球のことだって、子供たちの未来のためにも考えないとね。


関係ございませんが、

e0153088_22145173.jpg

はじめての鯛めしをお鍋で作ってみました。

以前よりもお魚を食べることが増え、はじめて鯛をかってみました。

煮付けよりも、鯛めしにしたい! そういえば、炊飯器で出来るって言ってた!

帰ったら、炊飯器なんかにぜんぜんおさまらないこと判明。

ココットでやったる! 

鯛はオーブンでグリル焼きをし、ご飯は洗って水気を切り、

昆布で出汁をとった汁に、醤油とお酒をたして、ネギとにんじんを細長く切り、

すべてお鍋にいれて、蓋して、沸騰てから12分、火をとめ15分蒸らす。

いやーお米のお焦げまでおいしくいただきました!!!

ちょっと鯛にハマりそうです。





読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
お肉を食べる回数を減らすことも大事!  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
今晩何にしよう  
[PR]
by junjun0625 | 2013-01-08 22:23 | Bio オーガニックライフ

バター派?マーガリン派?

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

みなさんはどちらを常備しておりますか?

日本は乳製品がちょっと高いイメージ。

実際、子供のころから家にあったのはマーガリン。

日本に一時住んでいたころは、バター風味のマーガリン(バターより安かったから)を買っていました。

フランスに住んでいて、一度もマーガリンが買ったことありません。

が! 主人が間違えて、ビオのお店でバターと間違えてマーガリンを買ってきてしまい、

現在、家にはマーガリンとバターの二つがあります。


そんな時、身内がマーガリンの危険性について教えてくれました。

実家の母に話したところ、「それはだぶ前から言われているよ」とのこと。

でも、実家には変わらずマーガリンがあるんだけど。。。なんでだ?


もともと動物性のバターが高価だったことで、 植物性で代用したのが始まりで。

フランス人が開発したものでした。

それが、アメリカで別の製法が始まり、現在に至るようです。


マーガリンの危険性は、トランス脂肪酸が問題。

これはバターにも含まれるようですが、マーガリンより低いレベルなようです。

なにより、バターは動物の自然な脂肪なので、

マーガリンのように水素添加という作る過程で発生するものとは違うそう。

ちなみに、このトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを上昇させるそう。


なにより、プラスチックの分子とマーガリンの分子は共通するものがいっぱいだそうで、

ちょっと分子を組み替えるだけで、マーガリンはプラスチックになるそうです。

半プラスチックを食べていることと同じようなもんですよね。

トランス脂肪酸とかよりも、もっと現実的にわかりやすい表現です。


日本の残念なところは、その他の先進国で取り入れられていることを

日本ではまったく取り入れようとしないこと。

アメリカでさえ、トランス脂肪酸の表示を義務つけているのに、日本はしません。

知識な無ければ、永遠と危険なものを口にし続けるってことです。

それを国は黙認していると言ってもおかしくないのではないのでしょうか。


はっきりいって、街中、危険なものであふれています。

正直、家にあるマーガリンはビオだとしても、原材料は普通のマーガリンよりはましだとしても、

作られる過程というのはマーガリンはマーガリンなわけで。 どうしようか・・・


そして、ショートニングとよばれる、マーガリンを無味無臭にしたものが

パンやケーキやおかし、ファーストフードやファミレスで使われていると。

揚げ油ならころもがパリっと、ビスケットならサクっとしあがるそうです。

マーガリンをぬらないで一日食パン二枚はセーフだそうです。

食パンにショートニングが使われているから、さらにマーガリンはアウトということですね。


やはり、パンやお菓子を買うときは、まず原材料をチェックすることが大事ですね。

フランスのちょっとしたレストランでも、揚げ油はこういうものだろうから、

子供が大好きなフライドポテト、ついつい小皿で注文してしまうけど、

やめたほうがいいな。 食べたいなら、自分でジャガイモを切って、揚げるのが一番!

もちろん、油の加熱でいろんな問題もあるので、油選びは大事ですけど。


これがだめ、あれもだめ、それも危険。 

そんな話ばかりで、苦笑いされていることでしょう。

それでもいいのです。

わたしは長生きしたいとは思っていないのですが、やはり健康ではいたいです。

すべてを排除しても、きっと病気になることだってあるでしょう。

なぜなら、まだオーガニックのみを食している人の健康状態の結果なんてどこにもないから。

なにも証明するものがない世界だからこそ、自分で選ぶしかないのです。


おうちでマーガリンをバター代わりにしているかた、

知らぬうちに他のもので摂取している確率がとても高いですから、

家ではバターを食すことをおすすめします。

プラスチック一歩手前なものを子供に食べさせているなんて、怖いですから!

e0153088_2494368.jpg

マヌケな顔~





読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
健康な体作り  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
体は基本!  
[PR]
by junjun0625 | 2013-01-06 02:50 | Bio オーガニックライフ

野菜の作られ方もいろいろね!

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

フランスではビオロジック(有機農法にあたるのかな)が一般的なオーガニック。

なので、スーパーではABマークを目安にお買い物をしている、初心者の私。

あとはビオのお店へ行く。 


日本で自然農法の食品を扱うお店のサイトを教えてもらい

いろんなことを勉強出来るので読んでいると、

なにやら、

オーガニックでも、自然農法、有機農法、無農薬農法と

作り方がいろいろと違うということを知りました。

というか、自然栽培&農法というものをはじめて知りました。

肥料を施さず、土を耕さず、虫を殺さず、これが自然農法だそうです。

採れたものは生命力がつよく、日持ちがよく、腐らずに枯れるそうです!

これ、分かる気がします。

オーガニック野菜を買ったり、主人のママのお野菜をもらったりしていて、

思いがけず手元にたくさんのお野菜たちが。。。となっても、日持ちするんですよ。

腐らせることなく食べきっているので、これらがのちに腐るのか枯れるのかはわかりません。


有機野菜も危険な場合もあると言うのです。

有機農法は肥料を使います。 それは化学肥料ではありません。

コンポストに食べ残しや動物の糞を混ぜます。

その混ぜられた食べ残しのものに化学的なものが入っていたら、汚染されます。

家畜の餌がこれまた化学的なものが含まれていたら、汚染された糞なわけです。

すると、コンポストの中に、化学的なものが含まれてしまい、

それを土に混ぜると、これまた化学物質入りの土になってしまうのです。

あー悪循環。 

確かに、コンポストに入れるものがオーガニックなものじゃなかったら??とは思っていましたが、

家畜の餌には注目していませんでした。

微々たる量でも、まったくも有機だと思っていたものも、密かに。。。ってことなんですね。


かといって、今までの農薬野菜をバリバリ食べつづけるよりは、

断然いいかなぁと思うのは、私がまだ初心者だからかも。

でも、こうやって知識の開拓とともに理解力も高まることで、

今後、自分がどこまでストイックになるのか。 こればっかりはわかりませんねぇ。笑

でも、自然農法のお野菜って、まだまだたくさん出回っていないと思うのです。

そうなると、有機野菜をまず食べて、自然農法のものに出会えれば食す!

そういう人が増えれば、これまた自然農法の農家さんも増えていくことでしょう!

求める人が増えることで、作り手も増えていくのが世の中!


e0153088_512789.jpg

キティちゃんの傘を愛用してます。



しつこいですが、未来の食卓が日本で上映され

その感想がかかれているページがあっていろいろ読んでみると

”フランスの農薬現状にがっかりした、日本はここまでひどくないだろう”というような文があり

あ、そういえば、日本はどのくらいの農薬使用をしているのかな?と。

調べてみても、2004年までのグラフなどしか出てこないのだけれど、

農家さんの記事など読んでみても、

なんと、日本が世界一の農薬使用国なのです。

1ヘクタールに対しての使用量比較ですが、

2004年の時点で、日本はフランスの約4倍の使用率です。

それ以来、少しは減っていると思うのですが、

危険視されている中国産は世界上位10位にも入っていないのです。

これって、かなり衝撃的なことですよね。


オーガニックたま屋さんのサイトでは、

一般農家の場合、どの県のどのお野菜は、

どのくらいの農薬が何回撒かれているか知ることが出来ます。

たとえばこちら

いちごがダントツすごい農薬なのには驚きです。

私は主人のママの畑で採れるいちごを食べまくった今年の夏。

世界遺産の山脈の山の中、太陽をさんさんに浴び、山から出る自然のお水で育ったいちご。

あまりに収穫期間がながく、草むしりを放棄しちゃったほどでした。

でも、日本では農薬バリバリ、しかも太陽ではなく、ビニールハウスで育つんですね。

友人も、子供が大好きだからたくさんあげてた~とショックを受けていました。

知らなければよかったか? といえば、確実に”いいえ”ですよね。

もし、いま ”いいえ” と思えなかったなら、

自然との共存が必要に迫られるかもしれない未来で生き残れないかもしれませんね。

私もまだまだ無知で、人に話をしたところで鼻で笑われるだけだけど

やっぱり知ってほしいな。


e0153088_5293623.jpg

こっちのスーパーで買ったの。 いや、買わされたの。笑


今日は午後17度という暖かく、家のなかより外のほうが最高!なほどで、

川沿いへのお散歩へ出かけました。

以前は工場排水?もあって、実はあまり綺麗ではない川だったらしいのだけれど

改善されて、もしかしたら、夏に入れる川になってるかもしれないそう。

透き通っていて、本当に綺麗。

下まで降りて、お水を触ったり、石投げしたりして遊びました。

”無料で楽しい”

いつから楽しむためにはお金を払わないとできない時代になったのかな。

フランスは比較的お金を使わず楽しめることをするのが得意な方が多いのだけれど、

思わず”タダ”と言ってしまうのが、自分が現代っ子だった証拠ですね。笑


明日はクリスマスイブ。

うちの家族は比較的、イブに家族で集まっての食事なので、明日は大変です。

といっても、私は料理を作らない身分なので、胃が大変なだけですが。笑

日本人から言わせてもらうと、ありえない組み合わせでの集まり会になるこの家族。

自分はふーん、と言えるほど、その環境になれきってしまったけど、

ふと考えると、ザありえない、です。笑

ママの元旦那、ママの再婚相手の元奥さんも集うのです。笑

思わず、今年離婚したての義兄に「数年後は元奥さんも来るかもね」と言いたくなる。笑

もうなんでこんなに離婚してんだよー!!!ってくらい離婚率が高いのですよ。

変な家族の一員になっても、近くで客観的に見れて、なかなかおもしろい。

何度もいうけど、本がかけそうですよ、奥さん。笑



では、素敵なクリスマスイブをお過ごしくださいませ!

e0153088_5444631.jpg

Joyeux Noel !!!




読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
明日はおしゃれをしなくっちゃ!  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
 作りかけだったのワンピを完成させたわ。汗
[PR]
by junjun0625 | 2012-12-24 05:46 | Bio オーガニックライフ

日本のオーガニック市場

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

日本では何がオーガニックを示すのか。

と興味を持ったのでちょこっと調べてみました。


農林水産省が定めるJAS規格の中に、有機JAS規格があります。

そちらがフランスでいうBioのABマークになります。

多年生作物は過去3年間以上、野菜や米なら過去2年間以上、

農薬や化学肥料を全く使っていない農地での栽培など

有機JAS規格を満たした農産物・加工食品に有機JASマークを付す制度である。

規格には有機農産物、有機畜産物、有機加工食品がある。

年に一度、第三機関が検査される。

日本でも年々有機農家はほんの少しづつだが増えてはいる!!!

でも、増えにくい原因として、市場原理とかみ合わないそう。

虫食いがあったり、形が悪いとか、取引先に限りがあり、価値も下がってしまうと。

国の機関が有機JASマークを作ったのなら、

国が農薬農家と有機農家の違い、なぜ形が悪いかなど説明すればいいのになぁ。

推進したいのか、どうでもいいのか、よくわからんなぁ。


このマークを取得するのにも、農家の方は検査費用などそこそこ支払いがあるのだ。

それでもこのマークをつけることで、消費者へ”安全ですよ”と分かりやすくしてくれているのだ。

そもそも、農薬農家から有機農家への移行は、収入の減少につながります。

それでも"口にする人たちの健康のために!”と決断され、実行されているんだと思います。

"ものが作られる背景、過程”を消費者が知ることで、市場は大きく変わると思うのです。

日本に帰ったときは、いろいろ自分の目で見てきたいなぁと思います。


実はこの有機JAS農家よりも、登録していない有機農家数が多いことが分かったそう。

有機JAS農家(登録している)は約3800戸、

登録していないが有機JAS規格を合格している農家が約7800戸。(2010年)

これは検査してみてわかったそうです。

やはり規格を取得するのに高額だったり、資料が複雑だったりするようです。

有機JAS規格だけが目安になるわけでもなさそうですね!

地域でどこの農家のものが有機なのかを知ることが一番よさそうですね!


友人にオーガニックワイン(自然派ワインと彼らは呼ぶ)に詳しい夫婦がいて、

ビオマークがついていないけど、オーガニックのブドウを使い製法などにこだわったものが実に多いそう。

私はワインに詳しくないのだけれど、作り手を知ることで、よりワインを楽しめるんでしょうね!

マークも一つの目安だけど、

売り手の方とのコミュニケーションや信頼関係で見分けていくのも大事ですね!




読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
私も素敵な農家さんに出会えたよ! 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
知ることは糧になるね!  
[PR]
by junjun0625 | 2012-12-19 05:49 | Bio オーガニックライフ

信頼出来る農家さん

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubounette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************

ということで

この土曜もまた、友人を介して知り合った農家さんの直売ブースへ。

ふむふむ、狙いどおりのかぼちゃがまだあったぜ!

もうとっても甘かったの!

今年いっぱいはかぼちゃ類や根野菜類は採れるようだけど、

年越ししてからの冬の間は売るものがないねぇ~と。

でも!

もしかぼちゃが欲しかったら、パン屋さん(友人)に言ってくれればいいよ!とのこと。

これはこれはありがたい!!!


フランスでは”忘れられた野菜”と呼ばれるものがある。

e0153088_203496.jpg

この左のベージュ色の野菜もその一つだった気がする。

これもかぼちゃ系の一種なんだけど、クルジュと呼ばれている。

でもこれは結構見かける。 忘れられてねーじゃん、と一人突っ込む私。

で、この農家さんにどう食べるか聞いて、試してみるか~!と。

一センチ幅くらいんスティックにカットして素揚げ!が彼らの娘さんに大好評だと。

ミックスサラダに入っている紫キャベツは食べたことあったけど、

今回は紫キャベツを買ってみました。 

スライスしてにんじんなどと一緒にドレッシングで頂こうとおもっちょります。

毎週土曜にお野菜をがっつり買い込むようになり、

しかも、この直営販売はとってもありがたい! 

来年は何を買えるのかが楽しみ!


現在、月曜のゴールデンタイムにパティスリー選手権をやっている。

もちろん一般人!!!

なので、フランス全国で家でおかし作りをする方が増えていると思われる。笑

で、マルシェの時に、いつも見かけなかったようなスタンド発見!

e0153088_2102597.jpg

マダガスカル(で合ってる?)のバニラを販売しているではないですか!

バニラってちょっと高級品! 

ビオショップでも、2本で3ユーロか4ユーロで売っているのだけれど、

なかなか買う機会がなかった。

で、こちらのスタンド、6本で5ユーロ。 10本で8ユーロだっけかな。

なかなか安い!!! 

どうして安いんですか?って聞かなかったけど、店員さん的に直営チックな感じ。

他にもいろいろあって、よだれものでしたが、ひとまず6本入りゲット!

袋からはみ出る薫りに、こりゃすげ~!!!と。

早速りんごのコンポートに入れて主人が作っていて、

割ったときの中のバニラの粒の量に驚いた~!!!すごい。

厚みがすごい!

バニラはインゲンみたく緑のサヤ状態で、そこから乾燥させたりという工程が大変だと。

来週もまたこのスタンドの方がいたら、聞いてみようと思います!


e0153088_2295752.jpg

この日ははなちゃんも一緒に買出しでした!笑




読んでくれてありがとう! ついでに↓ポチッ! 励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
やっぱりプリンかな~  

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
明日は卵をかわなくては!  
[PR]
by junjun0625 | 2012-12-17 02:30 | Bio オーガニックライフ