「ほっ」と。キャンペーン

やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Baptême d'Enora

 エノハの洗礼式。

と、いうことで、8月30日にLes Ulisの教会にて、
ちゃちゃっと洗礼式が行われました。笑 

 なぜ、「ちゃちゃっと」かというと、
私が初めて出席した洗礼はキリスト教のオーソドックスだったんですね。
もう1時間はかかって、神聖なる儀式そのもの、な雰囲気だったんです。

が、今回は公民館みたいな教会で、
「元気ですか??」「みなさん!! 元気ですかー???」と、
なんだかアントニオ猪木だっけ?? そんな感じで始まったんですわ。笑
今回はキリスト教、カトリック。
神父さんが黒人さんなだけあって、笑いありな感じで進行。

 プリントされた 冊子を受け取っても、
教徒でない私には、「???」。

e0153088_1924232.jpg


 そこに、洗礼者のママ(が読む欄)のところに、 「私たちの結婚8月30日」とあり、
あーそういえば、そうだわー。って、同じ日かいなー!!!と、今頃気づいた私。
なんとも彼女らしくって、ちょっと笑えたり。
ゴロアワセで「記念日」を決めれる日本人のようで。

 そんなこんなで、目の前にいた双子の赤ちゃんとにらめっこして時間を潰した私。笑
歌うたえったって、しらなーいしー。笑

 でも、水を頭にかけて「洗礼」をする瞬間などは、
やっぱり身を乗り出してみてしまう。

 その後は、ここのパパのお父さんのお家にて、バーベキュー!!!
と、いうことで、みんなで大移動。

 子供や赤ちゃんがいて、なんだかアットホームなにぎわいで。
アペリチフにはチップスやらミニサンド。
そして、大量の3種類の手作りサラダ。
そーして、バーベキューで焼かれたお肉をサンドイッチに★

 広いお庭にはリンゴの木が3本に、プルーンの木まで!!
仮設プールもあって、子供達、さっそく水着でジャブーン!!!

 チーズも振る舞われ、
「本格的だな、おい」っていうフルコース並な流れ。

 そして、お待ちかね、Baptême(バテンム、洗礼)お決まりケーキ★
小さなシュークリームを飴で留めて形をつくるケーキ!

e0153088_1933573.jpg


 産まれてまだ5週目の赤ちゃんらしく、ゆりかご★
こういう豪快なケーキ、なかなか日本ではみないので、楽しい。
し、おいしかった!! ま、「ベラボーにうまい」もんではないけどね。笑
そして、シャンパンも振る舞われ。

と、思ったら、コーヒーマシーンまで出てきて、
「どうぞー!!」って、ことで、手作りマカロンまで★

 カードゲームを楽しむ主人たち。の横でウトウトしていた私には
「コーヒー頂きマース★」
「マカロンも頂きマース!!!」
と、満腹な腹をさらに満腹にしました。

 本当にちょうどいいお天気で、プールもにぎわい、
おじいちゃんおばあちゃんたち(ちょー元気)に子供たちに孫、ひ孫まで!
っていう光景は、なんともいいもので、
大阪のおじいちゃん、おばあちゃんちに行く楽しみが
さらに楽しみになった私でした。

 うちはキリスト教徒ではないので、こういう大きなイベントはないけれど、
お宮参りなんてするところなんてないけれど、
結婚式同様に、
「一緒にお祝いしてもらいたい。 一緒にこの時を過ごしたい。」と思う気持ちが、
こんな風に素晴らしいオーガナイズをさせる源なんだろうな。って。

 ここの子、なんだか未熟児じゃねーのー??
ってくらい、成長が遅く感じる。
うちの姉の子よりも、約3週間はやく産まれているんだけど、
へけ??? って思うほど、生まれたてみたいで。
おみゃーのママみたく、どっかんとでかく、そのうちなるじゃろー!!
とは思うものの、ちょっと心配。汗

 そんな私も、明日が最後のエコ。
うちの子はちゃんと成長しているでしょうか。
きっと今月がマックスに強く胎動を感じれる貴重な期間。
とは分かっていても、「おいおい、いてー!!!」と思わず言いたくなる動きには、
やはり。。。 J'en ai marre...(もううんざりじゃよ。。。)と、つぶやいちゃったり。汗 

 残りわずかマックス58日か。 
そろそろ頂いたお布団とか、おもちゃとか、洗うかいな。
でも、明日からお天気悪いな。。。
今週末から日本からお友達が泊まりにくるな。。。
と、先延ばしになりそうですが、やるべき事はたくさん隠されている。。。
そんな気配がするので、始めたいと思います。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-31 11:26 | fête お祝い

Anniversaire de Loucas 1an

 ルカス、1歳のお誕生日会

と、いうことで、姉と同じ誕生日の彼。

 めちゃくちゃかわいいんです。

 
 今回は明るい題なんだけど。。。
ここのパパが、3ヶ月前ほど、突然病気になっちゃって。
しかも、何万人、何十万人に一人と言われるほど、珍しい病気で。

 数週間は家族のみ面会可。 呼吸器につながれた状態。
1ヶ月ほどはパリの病院。

 2ヶ月ちょいから、自宅から車で15分ほどの自然たくさんのクリニックへ。
そこから、彼の回復はすごかった!!

 初めて面会に行ったのは、すでに1ヶ月以上経過し、クリニックに移ってから。
もう別人。。。どうやって明るく振る舞えばいいのか、一瞬分からなくなったほど。

 そして、次はそれから2週間ほどあと。
顔色が真っ青で、頬もこけ落ちていた彼が、
もう以前の彼を思い出す事が出来るほどに、顔が復活!!
 前回は奥さんがもっていたおやつも、「甘くて食べれない」
と,言って一口、二口だったのが!!
 アップルパイを1個半、パクパク食べる、食べる!!!

 リハビリもカリキュラムのように、いろいろあって、
その甲斐あってかな、すごい回復力。 若いのもあるんだろう。
 
 主人なりに彼に出来る事は、「暇でしょ??ゲームどうよ??」笑
と、いうことで、あれこれいろんなソフトを用意してました。

 そして、週末は自宅へ帰れるようになり、車いすから、杖になり、
2本の杖から、1本。 そして、今は杖なしで歩けるようになり、

 息子の誕生日を自宅にて、一緒にお祝い出来ました!!!!!

 家族があつまり、親しい友人が集い、奥さんと、そのママがもてなしてくれた
ケーキはすごかった!!!!! 
 
e0153088_1819275.jpg

 汽車でっせー!!! 手作り★ さっすがー!!
料理、お菓子作りが得意な彼女。 ママも相当なものと思われる。
しかも、ちょー美味しかった!!! しっかり、おかわりしましたけどね〜。笑

e0153088_18184982.jpg

 彼女はルーマニア人で、旦那さんが病気になってすぐにルーマニアからママが
すぐに来てくれてたんですね。 ビザなしてゆっくり居られるのも、ユーロ圏になったお陰。
あーよかったね。って、こういう時思う。

 ルカスはまだ一人で歩けないけれど、人に手を引かれたら、
もうとどまる事をしらない。
 4本生えた歯をきらーんとさせて笑う顔は、もうこっちまでにっこり★

 プレゼントは、組み立てが必要なものが多々ありで、
お庭にて、さっそく組み立て開始。笑

 私はのんびり眺めながら、旦那さんのママりん、その妹さん姉妹の
「ちょっとあなた!!!」から始まる、おばちゃん会話に圧倒されつつ、
彼女たちの妊娠話に、
「いろんな国が混ざった子はかわいいわよー!!!!!」となる。笑
彼女たち自身、イタリアとフランスのハーフ。
ルカスのパパは、フランスと、どっか。笑 忘れたー。
で、ママはルーマニア。
なので、ルーマニア50パー。フランス25パー。イタリア12、5パー、と、あとどっか。笑
結局は「ヨーロピアンね。」と。笑
うちは、日本50ぱー、フランス25パー、シリア25パー。
結局は「黒い目に、黒い髪のほうが、強くでるわよー!!!」と。笑

 今現在は、黒髪の主人も、2、3歳までは金髪???だったそうな。
ま、茶色だろー!!と、私は思っているのだが、
当時の写真を保有しているのは、主人のママのみだそうで,
彼女の家に行かない限り、拝見出来ない。。。 
しかも、主人は3人目なので、「写真の量も少ないよ」と主人。

 うちの両親が、って、お母さんが、だけど、
アルバムにしてくれてある写真だけで、主人には「すごい量」だそう。


e0153088_18202624.jpg

 こうやって、家族に囲まれて、お誕生日をお祝いしてもらって、
オーガナイズするパパ、ママは大変だろうけど、
パパもママも一緒にお家でお祝い出来た事が終止うれしそうで、
もう彼の病気の事を思い出せないほどでした。
彼もあと1週間でクリニックを退院。 
通院は続くけれど、家での生活が再び始まることが、何よりもうれしい。

 当たり前のことが、当たり前でなくなった時、
それでも頑張れるだけの力が自分にはあるのか。
どんなに「たくましい」と思われていても、
この彼女のように振る舞えるのか??

 まさか身近でこんな事が起こるとは思わなかったが、
当事者なんて、もっと「まさか」な事だったはず。

 ルカスが一人でお庭を這いずり回って辿り着く先がパパで、
そんな様子を見ているだけで、感無量。

 ダラダラ生活は大好きだけど、ちょっと気を引き締めてみる時間が、
私には必要ね。 時は流れるように過ぎていく。

 といっても、ストイックになれない私。
お陰で体重はすごいです。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-31 10:37 | fête お祝い

On ne sait pas attendre.lol

気が早い私たち。笑

って、ことで、何がでしょうかね〜??

 来年のお祭り(日本)にむけての、子供用の寸胴作り。
私が作って、母が絵に色を付けてくれる。

 うちの町内は子供用といっても、赤ちゃん用並みのサイズは作っていないので、
各家庭で準備している。 

 背中に九尾の狐の柄がはいるのだが、大体見かけるのは,
柄をプリントしたものをアイロンで貼付ける??タイプ。
なので、柄がちょっとテカってる。のかな。
あとは、大人用と同じ絵柄配置をしたいってことで、
母が直接絵の具?で描いてくれることになった。

 パターンをもっているものからうつしとり、
パターンに大体の柄は位置を印付けしておき、
生地を大まかに裁断し、柄の下書きをする。


e0153088_2139216.jpg

 この下書き写しがめんどくさーい。汗
細かい柄ではなし、黒一色なんだけど、
生地の上にカリカリ写すのは、忍耐力がいりますね。
 

e0153088_2140211.jpg

 そして、縫いました。
あー、やっぱり子供服の袖したのカーブってキツいのね。。。
しっかりパターン修正しなかったので、およよですが、
まー、着る本人たちには、着心地なんて大事な年齢でもないので、
良しとします。笑

 
 さて、次回日本に帰るのは、来年の夏になりますが、
いつも1ヶ月マックスなんですが、
今年は両親に孫と戯れてもらえるように時間を取りたいな〜
と、一人妄想しだしたのですが。。。

 私は海外での長期滞在が見込まれたので
日本の住民票を抜いておいたんです。
国民保険の支払いは必要なくなり、
国民年金の支払いは任意になるため。

 なので、毎回、日本にいる間に何かあっても保険がない。
っていうことなんですが、私だけなら問題ない。
が、次回は子供がいるのか。。。 と。

 予防接種はした後の帰国になるのでいいのですが、
はて、住民票を戻して、すぐでないにしろ、1、2週間で
国民保険を手に入れられるのか??

 もし不可な場合は、やっぱり1ヶ月でフランスに戻るほうが安全か。。。
なんて、切なくなったり。

 こればっかりは役所に問い合わせるしかないんだろうな〜。
免許の更新も地元警察署で済ませられないかな〜。
と、手続き関係もあれこれ??ありそうな、次回帰国。

 主人をおいて先に日本に帰れるのか?? 笑
も、ネックですね。笑

 かわいい頃にパパと娘を引き離すのもかわいそうか。。。

 あ、当分働かない身分、飛行機代もしっかりキープしなければ。。。

とか、あれこれありまんなー。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-29 14:19 | fait main 手作り

Récemment

最近。

ってなことで、

Grippe A(新型インフルエンザ)への呼びかけが、ここんところ激しいフランス。
手の洗い方、消毒液の推進。 
ようやくワクチンが9月28日から、各市長村にて4ヶ月間、無料、
というニュースが昨日流れた。 
「ワクチン作り、頑張って、工場さん!!」

なので、パリに行くというよりも、パリに行くための電車やメトロに乗ってほしくない!!
と、気持ちをかえない主人。 
もう書いた事だけど、妊婦はGrippe Aにかかりやすい。から。

そうだよねー、トキソのために生の魚、肉に、Charcuterie(豚肉加工製品)にも
口を付けれず。。。(匂いだけ味わっている、なんともかわいそうな私。。。)
と、まー大した我慢をしてるわけじゃーございませんが、
一応日々注意をしているわけで、ここまできて、
産まれてインフルエンザなんてかかった事ないのに、今ですか??
みたいな事になるくらいなら、引きこもってる方がましですね、ちょい田舎に。笑

そうそう、主人の伯父さんちで開催されたバーベキューで知り合った日本人カップル。
普通に出会う事なんてないであろう人種。笑 
研究者カップルなんだけど、脳みそなんてベラボーにすごい。と、思う。笑
そのお二人さんから、「日本酒が手に入ったので!!!」
とのことで、持ち寄り居酒屋風飲み会をしてきました。

e0153088_20323594.jpg

奥様が「ちょー日本食★」を用意してくれてて、ビールも日本酒もばっちり!
私たちは、焼き鳥風ミニ焼き鳥(笑)と、味噌焼きおにぎりと、じゃがバター。
手抜きじゃないんです、じゃがバターは。笑
家から車で10分ほどに牧場があって、そこで作られているバターが
ベラボーにクリーミー。なのを味わってほしくって。
主人は彼の得意料理のホンモスと、練習中のタッバルを。

みんなでもくもく食べながら、ぺちゃぺちゃおしゃべり。
気さくなお二人で、とってもマイペースな感じ。
食後にアイスを用意してくれてて、
はい、本日も1キロアップでございま〜す。。。


主人の地元、Les ulis(レジュリス。。。カタカナ発音は変ね...)。
ここはサッカー選手のThierry Henry 出身。もう一人いたけど、名前忘れた。
主人の自慢でもあり、「同じサッカーチームだった」と豪語する。
主人もサッカーを習っていたそうな。 
今では、サッカーシーズンになると、家のテレビはサッカー浸け、
試合後のエミッションもみるので、私はお先にベッドへ。。。という日々が続く。笑
もうそんな生活も4年なので慣れっこなんだけどね。


e0153088_20331942.jpg

そうそう、日曜ここであるMarché(市場)は、大きくて、お安い。
この間行った時は、バカンス中のため、お店もバカンスで、
あまりにぎわってなかったのが残念だったけど、ここはとってもいい。
うちのところのMarchéは高級住宅街でもあるので、高め。
でも、キウイはどこよりも安い。笑  キウイだけは。。。笑


そして、近くに引っ越してきただけあって、主人のお姉さんちによく行く。
秋田犬がいつもお出迎えしてくれる。

この間、パリにいくため、予定を立てていたにも関わらず、
1ヶ月ほど保険やらプレートやらの問題で放置していたぽんこつ車。
なんと、バッテリーあがってしまってました。。。汗
本当に、ポンコツ車扱いなみの、古さです、うちの車。笑
日本人からいったら、中古でも売りに出されないだろうって品。笑
でも、こちらさんたちは、気にしないんですね、当たり前のように乗り続けます。

駐車するのに、他車をぶつけて、「あたりまえ」。
その程度で、怒鳴り込んでくる車主はいません。 ってほど、
車をキレイに大事に乗る人種ではないんですね。 

まー、主人が欲しい車が発売されるまで!ってことで買いましたが、
激安で親戚のおばさんから買いましたが、
「ポンコツめがー!!」と言わずにはいられない。。。 

結局、近くに住む、頼れるお姉さんに「SOS」。
車は無事動きました。ってか、動いちゃった。。。汗
車庫から出すのに、押し車でだけど動かしただけで。。。
バッテリー解除! 
フランスは車が女性名詞だんだけど、この気まぐれさ。
やっぱり、女性なのね。

お姉さんも苦笑い。

そんな事もありましたが、時々夜ご飯を一緒にする。 

e0153088_20343294.jpg

この日はラーメン。笑
トンカツがのってるラーメン。笑
フランス人にはドンピシャ!でヒットしちゃったようで、
必ずトンカツまで作るお姉さん。
またもやカロリー摂取で、ごちそうサマンサ。


うちのカーペット、毛足が長いものを使用中。
「パンがなきゃー始まらねー」主人。 
ぼろぼろこぼす、こぼす、Comme les enfants。。。
掃除機にも限界がある。
と、いうことで、

e0153088_20392543.jpg


テニスラケットがお布団タタキの役目を担ってくれました。
私も壮快にストレートを何発も打ち込ませていただきました。

そんなこんなで、8月26日で、日本式9ヶ月目に入りました。
そして、本日28日で、フランス式8ヶ月目に入りました。
残りもマックス2ヶ月ということで、
「はて、胃はどこに??」ってほど、上のほうで動くんですよね。
これが下がって、「食欲が増します。」なんて言われたら、
私はどんだけ食べるんでしょうか。。。汗

そして、同じ様なところばっかり蹴るので、
内側であおたんになってるんでないか??って思うのは私だけ?


ちょっとかわいい記事を読みました。
「パパが近づくと、動かなくなる。」ことがよくあるのですが、
と、いうよりも、あったのですが、
「この声はパパかな??と聞き耳を立てるために動きをとめているのかも」
という内容なんですが、もしそうだとしたら、かわいいですね。

産まれたあと、声で「こやつがパパか??」と判断するようなので、
ちゃんと声を覚えてもらうためにも、お腹に話かけるのはいいことなんでしょう。

来週は最後のエコがあります。 
さーて、私はデブ化してますが、あなたもしっかり成長しちょるかい??
ってな感じで、楽しみです。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-28 12:43 | quotidien 日々のこと

L'education pour les enfant

子供のための教育

なんて、ちょっとお堅い題名ですが、現実問題。

日本で育ち、現在はフランスで生活して、そのうち子供が産まれてくることで思う事。

それは、やっぱり未来。


 主人の昔からの仲良し4人組。 そのうちの3人は日本人女性と結婚した。笑
うち2組(ようは、私たち以外)は日本に生活の拠点を置いている。

 「日本は教育費が高いけど、チョイスが出来る」

 「日本は教育費が高いから、子供が産まれたらフランスに戻ってくる」

 どちらにも、それぞれのキャラが反映されている。 
悪い表現で言ってしまえば、ケチか、大判振る舞いタイプか。

 何やら日本は選挙が近々あるそうな。 こんな記事を読んだ。
なにやら新聞のコラムの記事だそうで、政治家や官僚から出ている案ではない。


・出生数、年200万人を達成するために、子ども1人に月額10万円を給付する。親に支給するのではなく、子どもに支給する。

・出生から20歳になるまで、人数制限なし、結婚の有無を問わない。
 
・出生200万人が実現したら、2100年の日本は、総人口1億6000万人、国内総生産3400兆円、平均年齢42歳であり、日本は確実に復活する。

・年金をはじめとする社会保障問題も解決する。一時的に拡大する財政赤字も、経済成長が生み出す税収で解決の道筋が見えてくる。

・200万人出生で支払う給付金は年間48兆円だが、財政支出は可能だという。

・2010年から2100年の平均消費税収は132兆円。年間48兆円の給付金をまかなうのは容易で、日本は財政余剰国に変身する。


 この記事を読んで私は、お金の使い道。具体的にいえば税金の使い道。を思った。
日本はすごい国だと思う。 
外国に住んでいて、誇れる国民だと感じることも多い。

が、時代は変わってきた。

 主人は大学で日本の事を本当によく学んだんだな〜とよく関心させられるんだが、
日本人である私よりも、経済、歴史、文化に地理。。。と脳みそに知識が蓄えられている。
友達と話していて、日本の事をよく聞かれる。 すべて主人が返答。
「へ〜」 「あ、そうそう。」
と、横で聞いているのが、私の役目。汗

 GDP(国内総生産)、日本は世界のGDPの約8~9%を占めるそうな。
世界2位を位置している表があるが。。。

 労働時間から考えると、ものすごい低いGDPである。なんてどこにも書いてはいません。
残業に、深夜帰宅あたりまえ。
そんな事が当たり前な人たち、フランスで会った事、ありません。
ちなみにそんなフランス、世界5位。

 働いた分だけの結果を得ているのかも知れないけど、疑問は残る。


 私がフランスにいる理由というか、2度目の渡仏を決めたのは、
 
 「時間の流れ」

の、違い。

 こんなに働いて、お金を稼いでも、使う時間がないほど働く。ことが自分にあわなかったから。

 主人のパパやお兄さん夫婦にお金の話ばかりされるのがうんざりしていたが、
振り返ってみても、私はお金に重点をおいていない。

 最低限。は必要で、最低限。は大事だと思う。 それにプラスな収入はありがたい。と思う。

 その分、自分の時間を得られる事が、私には大事なようで。


 「子供一人に月10万あげるから、子供産みなさいな」なんて言ってる上記の記事。
はて、子供たち、必ず年金払うのでしょうか???  
はて、子供たち、きちんと仕事できる大人になるんでしょうか???

 私は日本で年金一度も払っていません。 今は住民票も抜いて、国民保険すらありません。
市から年金未払いなどの確認のハガキで、一度も払っていない私なのに、
「すべて支払われている」ことになっていたそうです。 

なんじゃそりゃ。

 子供にかかる教育費がアップしているのは、塾に通わせなければならないからじゃないのかね。
私立の学校も、制服にお金取り過ぎだろう。 デザイナー制服たって、ださいじゃんかー。
 ゆとり教育だなんて、間違った選択しちゃったね。

 フランスにきて、フランスの教育システムを知っていくにつれ、
「私、楽してきたー。。。 だから、なんにも頭に残ってないんだな。」って。

 まず、中学生だろうが留年が存在するこの国フランス。
本当に宿題やら予習やらしないと、ダブってしまう。

 高校卒業時に、「バカロレア」といって、大学に入るための資格を取るテストがある。
これもまた、難しいらしい。
 毎年ニュースで「バカロレアの季節になりました!」とか、
お年の召した方も「大学に行きたい。」ってことなら、この資格をもっていなければならない。
ので、チャレンジするそうで、「50代何人。」とかも良く耳にする。

 逆に日本はいい大学に入って、その名前を看板に就職活動する。
だから、大学に行かない人たちは中間、期末テストをこなせばいいだけ。
私もまさにその、ただコナシタダケのグーダラ組み。

 ただ、日本のいいところは、ある意味「軍隊」に見えるらしいが、
給食の配膳係や、教室などの掃除の分担。
を、誰も文句言わずに、それが当たり前の事のようにこなす事。

 フランスは給食は食堂でおばちゃんたちが配膳してくれる。
掃除は掃除の人たちがしてくれる。
から、汚そうがなにしようが、関係ないんですよ。

 だから、パリなんて、下向いて歩いたら、「きったねー街」の一言につきる。

 現在、喫煙は室内禁止になり、社員は自分のお店や会社の前の道で、
みんなプカプカやっている。吸い殻も、そこにポイ。
って、おーい、自分の店の前じゃないのー!!と、びっくり。
そこに、緑の服を着た街の掃除をするひとに、
「ここキレイにしといて」 と一言。
そして、キレイにするまで見張っている光景を何度も見ました。

「自分のケツは自分で拭く」ことが出来ないフランス人。

 頭の中は知識や理屈で、討論させたら止まらないほど口は達者。
でも、後味の悪い、躾のなってない人多い。

 ここ4、5年、日本にすんでいないので分からないが、
ニュースを読んでいる限りでは、日本のよき奥ゆかしさや礼儀正しさは、

失われている。

そう、思う。

 だから、一人に10万円とかの問題じゃなくって、
教育方法の見直しが何より大事なんじゃないかと。

 野菜の価格がアップしているそうだが、自給自足に追い込まれた時、
日本は確実に困るだろう。
そういう部分にも、税金を使ってもいいと思う。
テクノロジーだけが発達してしまい、足下がぐらついてしまっていてはね。

いい面、わるい面はいくらでもある。
でも、お金がチョイスの決め手には、やっぱりしたくない。と、私は思う。
だから貯金は大事だと思う。
かといって、それにばかり頭を悩ますなんてアホらしい。
「貧乏暇なし。」
その感じが、私にはちょうどいい。
もしお金が必要なチョイスならば働けばいい。

あー、娘が腹の中でしゃっくりしている。。。 
このしゃっくり、結構「どしん」とくる。 
横隔膜が発達して、肺呼吸の練習をしているようで、
しゅっくりって、呼吸が乱れてキツいイメージがあるから、
「そんなん、頑張らなくっていいよー」と思いつつ、
「練習してるの。えらいね〜!!!」とも思ったり。

 私が望むmoral(モラル、道徳)とは、なんだしょか。

 選択の余地があることはラッキーな事だな。って思う。



 今日は日差しもそんなに強くない。
そして、今日から(雨じゃなければ)毎日お散歩。を始めます。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-24 12:05 | quotidien 日々のこと

On a commencé à acheter des choses pour notre bébé.

 あれこれ子供用の買い物をはじめました。

と、いうことで、家具はそろったけど、小物類がまだ。
いつでも病院に駆け込めるように、入院セットも揃えなきゃなのに。。。 
何もしてません。笑

一応リストは眺めてるんですがね、3日、4日の入院(普通分娩なら)で、
子供に6着も下着が必要なのか?? と、思ったり。

「いくらおさがり貰えるって言っても、最初っからおさがりは、かわいそう」

ってことで、新生児用は1ヶ月で着れなくなるから買わなくていいから。
と言われても、1、2着ぐらい新品を。

私は次女なので、おさがりに基本、抵抗はない。

けどね〜。

なので、Les ulis にあるカルフールに行くついでに、
リストをもって、子供服も見に行ってきました。

子供用コーナー、かわいすぎ。 
「自分の子にはこれ着せたくないけど、かわいい」(キャラものとか嫌いだけど)
「日本デザイン使用じゃないキティちゃん、意外とかわいい」
なんだか、サンリオがつぶれかけたところ、ヨーロッパでキティちゃんブームが起こり、
救われたそうですね。 だから、今ではヨーロッパ使用なのかどうかは不明ですが、
あちこちで見かけます。 

主人も、「オレも自分の娘に何か買いたいな〜」と言いながら物色。。。
かわいいじゃん、ファビっち。笑

あるお店で、リストを見せて、「コレはなんのことですかね??」
と、店員さんに質問している主人。

「帽子は必ず必要ですよ!! 
甥っ子にコレを買ったんですけど、頭が小さい子でこれでさえ大きかったんですよ。
(あなたたちの赤ちゃんは)どのくらいですか??」

ってことで、次回のラストのエコが9月1日なので、
その時に頭のサイズなど分かるので、それから、
「アジア人頭サイズ」なのか、「ヨーロッパ??人(笑)頭サイズ」
なのかを、どう検討したらいいのか不明ですが、検討しようかと。笑

私は縫い物は出来るんだけど、編み物がさっぱりできん。
うちの母は得意。。。 そこは似なかったらしい。 非常に残念極まりない。

だって、毛糸でかわいい靴下作れるのに、私には出来ない。
毛糸を送って、母に編んでもらおうか。。。 と思いつつ、
このご時世、お手頃価格で手に入るしな。。。

あー、いつかはチャレンジしてみるか、編み物。

そして、リストに「赤ちゃん用のブラシ」があるじゃない。
「そんなん、手でいいじゃん」と主人。笑 


e0153088_21474710.jpg

赤ちゃんグッズ売り場にて、あれこれ見ていたら、
セットで売ってるヤーン!!
爪切りはブラシよりも必須アイテムだと思うので、セット様様。

母いわく、
「お父さん、オムツはかえた事なかったけど、爪切りはしてくれてた」そうな。
今も残っているんだけど、自分の爪で顔を引っ掻いて、
そのまま傷になってしまったようで、
それ以来、会社から戻っては爪チェックはしてくれていたそうな。

今日は9時半まで寝ました、私。。。
と、言うのも、昨晩、「もう無理」って程、腰がいたくて眠れず、
どんなにポジション変えても「ダメだコリャー」

最終手段に、半分座った状態で寝る。。。 ソファーで寝る!!
を、決行してみました。
それでも、すでに1時間ほど腰と格闘していたので、
「ノドがかわいた〜」ということで、大好きな氷も一緒に。
クッションをうまく重ねて、ソファーにごろん。

「あ〜、腰に負担がかからなくっていいわ〜」
「ボリボリ」(氷を食べている音。)

それから寝れまして、今度はケツが痛い??
ので、もう普通に寝てやる!!

爆睡。。。

主人が起きてきて、
「なんかゴリゴリ音してたけど、作業してたの??」
「あ、氷食べてた。」

あー、私の一時間ほどゴロゴロと格闘していたので主人を起こし、
さらにサロンへ移動して、氷までボリボリしていて、
彼の安眠(もともと神経質ゆえ、爆睡も安眠も出来ない人なのね)を
思いっきり妨げてしまったー!!汗

「ゆっくり寝てなね」
と、出勤していきました。 

そこからも爆睡して、9時半に目が覚め。

「自分だけ、しっかり寝ちまったぜ。。。」という罪悪感。

なので、キッチンのモップがけからはじまり、
掃除機かけて、ベッドカバーも替えて、
子供部屋の家具を組み立てたので、
赤ちゃん服第一弾を洗濯!! (赤ちゃん用洗剤で)
ソファーのクッションをテラスで干しています!!
「あーお布団タタキ。これあったら便利ね。 次回帰ったら買おう!!」
と思いましたね〜。 手で叩くの一苦労よ。

そして、あとはサロンの掃除機掛けの前に昼飯。
と思い、そのついでにネットでも。。。 と思ったら、もうすぐ15時やーん!!汗

そんなこんなで、家の中がキレイって、気持ちがいいわい。



e0153088_21522633.jpg

こちら、うちの娘用に作ったウサちゃんたち。
きっとボタンとか食いちぎっちゃうんだろうな〜。
と、思いつつ、
飲み込んでも大丈夫なサイズ。と勝手に思い込んでます。汗
ダメかな。。。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-18 14:06 | grossesse 妊娠

2eme Hopital et 1e Anesthésie

2度目の産院と、麻酔師との初面談。

と、いうことで、本日行ってきました。

11時に産院、14時の麻酔師とだったのでお昼をその辺でして、
ちょっとブラブラするようなところないけど、しようと思ってたんですわ。

で、担当のドクターはバカンスなので、代わりのドクターが。

とってもSympa サンパ (感じのいい)なドクターだったんだけど、
笑顔で対応で安心しきってたんだけど、

「いつが次のエコですか??」って私に聞くんですよ。
「え?? しりません。。。(ってその指示してくれるのあなたでしょ??)」みたいな。

赤ちゃんの心拍がなかなか聞き取れず。。。
「反対向いちゃってて、なかなか聞こえないわね。。。」
反対向いてるなら仕方ない。 
取りあえず聞こえた事は聞こえたし、
どうにかこうにかと、お腹をぐいぐい押されたから
もちろんうちの娘は暴れますわな。笑
思いっきり暴れてました。笑 

あとは子宮口のチェックと血圧測って、体重測って。。。

「はい、問題ないですねー。さようならー。」

って、質問もさせてくれないのかい!!と焦りました。

R: 「あのー、便秘気味な感じなんですけど。」
と、立ち上がりかけたドクターに。
Dr: 「え?? お薬がほしいってこと?? それとも食物でどうにかする??」
R: 「まー、食事でどうにかしたいです。」
Dr: 「そうねー」って。。。 

R: 「あのー、腰が痛いんですけど」
Dr: 「まー。(お気の毒にって顔で)でも普通よ」

と、なんのconseil (助言)もなしで、
これ以上質問してもダメだこりゃー。。。
ってことで 「はい、さようならー」

もう、月1の診察なのに、不満がのこる診察でした。
でも、こちらのドクター、産婦人科専門医というよりは「一般医」で、
ドクターがいない時にかわりを勤める方のようでした。

「なーら、仕方ないか。。。」ということで、
血液結果からも特に問題もないようなので、
食事をしっかりして鉄分やら便秘予防やらね、気をつけます。

15分で終わったのと、ぐいぐいお腹を押されたので
「あーお腹痛いな。。。」と感じ、一度家に帰って横になって、
それからもう一度同じ病院へ。

いやー、今日はめちゃくちゃ天気が良くって、
日陰はどこだよー!!ってほど、アスファルトの跳ね返しも強く、
「妊婦で2往復とは。。。 やってしまったな。。。」と思うほど、きっつい。

そして、初めての麻酔師との面接。
14時には着いて、
「それじゃ、ちょっとチェックしましょうね!」ってことで、
ベッドに横になって、磁石みたいなにを足、手、胸にはっつけて、
電気で脈??のチェック。 といっても、あっという間に
「はい、オッケーです!」

それから、20分以上待たされて
っていうのも、どこにも他の患者が見当たらなかったから
そう感じたんだけど、

やっとこ呼ばれました。

そこには「 こーんにちはー」 みたいな感じのドクターが。
って、すんごいマイペースなのよ。

「今日は暑いね〜。 暑い??」 ってことで、
扇風機を付けて。。。 って、コンセント入ってませんけど。。。笑

既にアンケート用紙にチェック済みで、
確認で同じ質問や要チェック事項を再度質問されて、
血圧測って、心拍チェックして、麻酔を打つ背中のチェックして、

「なーんの問題もないですね。あとはその時を待つのみですよ。」と。

いうことで、特に難しい事もなく、「ほっ」

次は最後の3回目のエコをして、血液検査して、産院でのチェック。
その頃は、日本でいう9ヶ月。 フランスでいう8ヶ月。
なかなかラストに近づいてきましたね。

昨夜はトイレで出血した夢をみて起きました。
私もそれなりにナイーブになってるのかしら??なんて思ったり。

その前に滞在許可書の更新です。。。
もう緊張感も減ってますね、準備をし出すのが年々遅くなってます。汗

さて、今日は大根がふにゃふにゃになる前に食したいと思います。
大根の煮物にあんかけ。 ひじきの煮物に、タマネギのみそ汁だな。

その前にモッツァレラが賞味期限きれそうなので、ピザトーストでアペリチフを。
あ、私にではなく、主人に。。。 
お天気がいいので、今日はテラスで和食。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-12 17:06 | grossesse 妊娠

J'ai mal au dos...

腰がいてー。

と、いうことで、

昨夜は結構気持ちよく、というか、わりと以前に近い感じで寝れました。

が、朝おき出したら。。。

下腹部の中心あたりがいてー。。。

本当にいてー。 って、もともと痛いのに弱いだけなので大袈裟なんですけどね。

普段痛くないところが痛いと

「ちょっとネットでみてみるか」

まーお腹の張りやら子宮収縮なので、あとは出血が無ければ大丈夫っしょ。

それでも、痛いな。。。

と、楽な姿勢をとるにも、
「こうすると腰が痛くなる。 こうすると腹の痛みがやわらがない」
と、落ち着かない。

同じ体勢で座り続けると、やっぱり重心安定しないのか、腰が痛くなる。
立ってても、ふにゃーんと重心が前にいってしまう。
なので意識して猫背風にしてみると、お腹が食い込んで痛い。

あー!!!!!

日本式計算8ヶ月。 フランス式計算7ヶ月。
を境に、苦痛なことが増えた増えた。

今朝もぐったりしている私に
「これ、痛いなら飲みなね」っと妊婦も飲めるお薬を出しておいてくれた主人。

頭痛とかなら「飲む、飲む」って思うんだけど、
なんか腹痛だと、「試練」な気がして耐えてみた。

主人が出勤。 立ち上がってみると、「あ、痛くない」
はい、お騒がせーしましたー。笑

その後はお風呂にどっぷり浸かってみたり。

そして、午前中はひたすらノンビリしていました。
あれこれブログをのぞいてみたり。

やはり育児関係のものなど読ませてもらっていて、

「一人目と二人目の年の差はあけよう」と思った事。

こっちが年とってから産む方が大変。っていわれるが、
高齢出産お友達がいるし、年を3つ、4つ、5つあけても高齢出産にならないしな、私。
日本とフランス、学年のシステムが違うので、イベントの親の参加事情に
左右されることもないので、マイペースに。

やっぱり一人目にしっかり時間を費やしたいなって今は思う。
私たち夫婦は末っ子なので、長女、長男の気持ちがわからない。

そんな時に、こんな記事を読んだ。

「突然主人が若いかわいい女性を連れて帰宅。 今日からこの子も一緒にここで暮らすけど、
君とは今まで通りだからね」

と、言われるような感覚になるそうです。
そう、弟か妹が突然現れた時の、一人目の子供の気持ちだそうです。

へー。 

だから、親の気を自分に向けたくっていたずらしたり、いい子になってみたり。
とかとかあるそうで。

へー。

末っ子なので分かりませんが、ああいう言い方されると、はーなるほど。
本当かどうかは知りまへんが、どうなんですかね??

だからこそ?? 上の子には、弟か妹が出来る事を理解してほしいなーって。
それに、自分が子育て向いてるかわからんしね。笑

主人の兄と話していて「私もそう思うし、すごくそう思ってた」ってことがあって。
それは、自分の親が、今の自分たちの時代、仕事なんて溢れてた時代で、
失業なんてあり得ないような環境で。 今は失業率がどうのこうのと大変。
自分たちの子供が大人になるころ、今よりももっといい環境に変わっているなんて
正直思えない。 環境破壊に温暖化。。。 

昔、だから子供を産みたくないって思った時期があった。
それは主人と出会うもっと前の頃だけど。
未来に不安感、不信感を抱いていたことに間違いない。

今は遠い未来より、近い未来の事のほうが大事。
でも、産んだなら責任とんなきゃね。って思う。
この子がたくましく生きていけるように。

と、言いながら、グーダラノンビリの私。
明日が1ヶ月ぶりの検診日。

人の出入りが激しいと、私の体重計の針の動きも比例。。。
なんでこんなに増えんねん!!!!!
どこにどんだけ蓄えてんのよー!!!
と憤慨中。

便ができってねーなー。

日本人は胴が長い分、欧米人よりも2〜3倍も腸が長いそう。
ってことを最近知った。
なので、しっかり食物繊維たっぷりのお野菜を食べないと、
腸にこびりついたままになり、まさに糞詰まりになりやすいそうな。

絶対できってない感ありありまんぼー。
かなしすぎる。。。

贅沢言ってないじゃーん。 お菓子だって、控えてんのに〜。
なんで体重増えるんだー!!! あー泣きたい。

うちのねーちゃん、赤ちゃん大分大きいと思われたのに、
3000グラム無かった。。。
って、すんごい体重増えてた。。。ってことはすべて脂肪!!
そうはなりとうない。。。
けど、そうなりそう。ってそうなってるよ。。。 

あー!!泣
こんな時に、「居酒屋メシしましょう」ってことで金曜あたりがっつきそうだし。。。
日曜にもインド人のお友達に「インドカレー」のお誘いありそうだし。。。

私、野菜だけで結構けっこうコケコッコー(酉年なんです、私)。。。

唯一楽しいことと言えば、
「○○○ー○」と名前を呼ぶと動いてくれる。
時があること。笑

フランス名は決めましたが、日本名がまだ決定ではないのね。
うちは子供が18歳になって、国籍を選ぶ時に、
日本国籍を選んだとしても、日本で暮らしやすいように
日本の私の名字もとってあるし
(外国人名字への変更手続きが意外と面倒なことと、わざわざ変えるメリットがなかったから)
そこに突然、「高安 ローズ」とかって、変でしょ。 変だよ。
なにより「日本に暮らしやすいように」ってことで
きちんと、日本の名字に日本の名前を。

でも、今のところの候補1位だと、発音が外国ぽっいかも。。。 
漢字はちょーベターなんだけど。笑 

こちらの検討もすっかりおなざりに。。。

明日で妊娠30週目に入ります。
そして、産院での検診と、麻酔師との面接。
これ、11時と14時っていう予約時間。。。
一度家に帰ってるほど余裕がないし、かといってぶらぶらするほどの街じゃないし。。。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-11 12:52 | grossesse 妊娠

Je viens de devenir la vraie tata★

 本当のおばちゃんに、わたくし、なりやしたー★

と、いうことで、

主人側ではすでに「tata Reika」 と結婚まえから言われていたのですが、

ついに!! 
血のつながった姪っ子が出来ました★

 そう、うちのあねさんが本日10日、13時に帝王切開により、長女を授かりました。

うちは二人姉妹なので、両親もついにおジジにおババ。

帝王切開になるかも。。。とは先日聞いたばかりで、今朝の診察で決める。
ってことで、そのまま検査後、腹切り〜!!だったそう。

めでたいね〜!!! 

 ってことで、今朝血液検査で4本血を抜いてきましたが、
なんか作りたくってそわそわ。

 子供部屋用のカーテン。 
 ソファーカバー。
 私の仕事道具の整頓用の棚。

を、作ってみました。 
といっても、縫いあわせるだけとか、板きって、釘6本打つだけ。
の、お手軽制作だったんですけどね。笑

次はIKEAで買った家具を組み立てて、子供部屋作りだ!!

その前にやらなきゃ行けない事あるんだけどな〜。。。
とは思いつつ。(今週中には裁断をして、縫い始めますので!!汗)


e0153088_0292073.jpg

 昨夜もテラスでご飯。
前菜にメロンを二人で一個をぺろりんちょ。
そして、「やせぐせがつくレシピ」から学んだカロリーダウン法による
「ロール白菜(こっちのキャベツはかたいので、白菜を使っています)」と、
大好きなさつまいものお味噌汁。笑 


e0153088_0295475.jpg

質素にしか見えないテーブルですが、腹は満腹になりました。笑

カロリーダウン法っていうのは
「ひき肉を減らして、お米を加える」っていうテクニック!
ひき肉に含まれる脂肪分の接種を減らせる!ってことですわ。
なかなかよかったです!! 

さてさて、夜なかなかいいポジションが見つけられず、悪戦苦闘中。
もうすぐ妊娠30週に入ります。
歩いていても、気づくと背中がそっちゃってるんですね。
腰が痛いのなんのって。。。 
今日はソファーで寝てみようと思っています。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-10 17:06 | fête お祝い

Enfin c'est devenu calme.

やっとこ静かになったわい。

と、いうことで、金曜の朝から主人のお兄さんが赴任先から久々の帰国。
で、うちに2泊。
 
 初めのうちは話相手も苦でなく、コーヒーだしたり、お昼の用意したり。。。と接待してましたが、
パンツ一丁でうろうろするんですわ、このお兄さん。
そのことは前から知ってたんだけど、まさか人様の家でもそんな事をするとは思わず。。。

 ついに見てしまった。。。 

 あ。。。 

 そして、その日の夜はパリにある彼のお気に入りのレストランにお友達や家族で!
ってことで、仕事だった主人とはパリで待ち合わせで、二人で電車に乗ってパリへ。

 「?????」

 このお兄さんにも、ナルシスト傾向というか、女を目で追いかける血がしっかり流れてましたよ。

彼らのパパは豪快に女好き。笑 
カフェで女を眺めて、「いいね〜」とか言ってる姿は私ももう見慣れたもの。

このお兄さん、電車でもうキョロキョロ。
話してても、突然沈黙。。。
と思ったら、首から上をフル回転で見まくってる、見まくってる。。。

あー気持ち悪い。。。 さわやかに見なさいよー!!!

ということで、嫌とおもうと、嫌だらけ。笑

本当に一緒にいるのがはずかしかったわー。。。

そして、夜はフランス故郷料理を頂き、私以外でお酒を飲む人7人で
ワイン4本飲んでました。。。 すげー!!

とっても美味しいレストランでした! ナイスチョイス、おにいちゃま。笑



 そうそう、パパにもこのお兄さんにも、
「で、仕事はいつ復帰するの??」と。

えー、やっと仕事が終わって、れっきとした産休ではないんだけど、
産休なのに、もう復帰の話?? 

フランスでは最低産休期間が決まっていて、それに従ってみなさん
仕事復帰しているよう。
なので、「え、そんな小粒で??」って時期から、
子供を施設に預けて仕事を再開するんですよ。
だから、「あたリ前」の質問なんだろうけど、
「仕事の話があって、復帰できる環境なら」と答えておいたが、
ご不満なようでした。

日本式「3歳までは」っていう感覚じたい日本でも薄れている様子。
でも、保育士の姉が断言するんですね。「3歳までは」って。
プロの目からみて、赤ちゃん時代から預けられる環境は良くないそうな。
一緒に過ごせなかった分をきちんと帰ってからサポートできる親であるなら
まだマシなんだろうけど。。。 出来てますか?? って話で。

ま、すべては産まれてから決めればいいと思っているんだけど、
なんだか、ここんところ、パパとお兄さんの「金、金」話にうんざり中。
あってこまるもんじゃーないけれど、リッチマンになれるならなりたいが、
なにか大事な時間を犠牲にしてまで得たいとは思わない私たち。

さてさて、どんな家庭になるんやら。笑

うちの姉さんがもうすぐ予定日。 カウントダウン、確実に始まってます。
なかなかヤンチャな子なようで、最後まで手のかかる胎児みたい。笑
もうすぐ肺呼吸だぜ!!笑

と、いうことで、きっと「じじ」「ばば」になる両親も、
「パパ」になる旦那さんも、ドキドキなんじゃないでしょうか。

がんばれよ、ねーちゃん!!


あ、大分またおトイレが近くなったなーと。
その動き、そのケリ一発で 「あ、トイレ!!!」ってなる。

そして、氷の食いまくりは、何やら鉄分不足の現れなようです。。。
やっぱりレバー食わなきゃか。。。
まだ味付けして、冷凍にぶちこんだまま。。。 
あー。。。 まーひじきとレンズ豆から始めるわ。笑 

あらあら、うちの主人くん、掃除機かけてくれてます。笑
今日は中華街で初の米10キロ買いに、醤油などのまとめ買い。。。
すんげー重かっただろうに、運んでくれました。
子供部屋もちょこちょこ作り出したい様子だし。

来週は病院なので、その前にまた血液検査しに行かなきゃだー!!
なので、明日行ってこようかな。

日本はお盆ですね。
実はお盆、好きなんですが、めっきり参加していません。。。
日本人にとって、仏教、神道とごっちゃまぜが当たり前の文化も
それまたよし子。
私も子供に参加させたい行事の一つ。 
そして、その後の出店に花火。笑 
夏ですね〜。
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-09 17:10 | quotidien 日々のこと