やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Bon timing!!

ナイスタイミング!!

ということで、

ここんところ写真とってないな〜と思ったり、思ったり。

パソコンに画像を移動もしてなかったり、してなかったり。


今日は朝からう○ちが背中へ流れでて、Bodyの交換。
(ここんところ朝と夕方、一日2回するのに、
   昨日は朝しかしてなかったからか、大量にでたのか。。。)

お乳も一日5回、多くて6回となり、前回の小児科で、
「一日6回はちょっと食いしん坊だね〜」なんて言われたので、
気にしていたんですが、主人は「お腹空いてたら、いくらでもあげなよ」と。

順調に太ってるし、何より、日本帰国の飛行機で重量オーバーしないことだけを
今は願っているので、1回20分を15分目安に減らそうかとまで思っている私。

授乳中、赤ちゃんを見てあげることはいいことなのかもしれないが、
この角度を20分続けると、首が痛い。。。
ので、ネットをしながら、テレビを見ながらの授乳。

昨日、面白いブログを見つけてしまったが故に今日も夢中。。。汗

そうそう、授乳中、それでもうっとり眺めてしまうのは、
物を握る力がついて、私の服を掴みながら夢中で飲んでいる時。

e0153088_2314675.jpg



「今日は写真撮るか〜」
とパシャパシャと撮っていたら。。。

e0153088_2323414.jpg

あ〜ら、かわいい。


e0153088_2331526.jpg

あ〜ら、出しちゃったー!!!

この放出中写真、たまたまタイミングよく写ってました。汗

大量に口から放出したことは想像にかたくないでしょう。
そして、またもやBodyを着替えさせた事も、想像にかたくないでしょう。

今日はお風呂掃除をがんばってみました。

パリに住んで、人様の家に行く機会がものすごく多く(日本にいた頃に比べて)、
日本のように、「洗面所で手洗い」は、「お風呂場で手洗い」であり、
もしくはおトイレに行くにも「お風呂場&トイレ」へ行かなければならない。

人様の家のお風呂場をよーく目にする機会も多いということで。
フランスはカルキが強いので、水垢がつきやすい。

パリに住んで、主人のアパートに一緒に住むようになり、
まず掃除を思いっきりしたのを覚えている。
毎日、毎日、コツコツとやり続けたが、勝てなかった。。。
それでも、見られても恥ずかしくは。。。ない??程度にはなっていたと思うけど。。。
思いたいけど。。。汗

水回りは人がいつ来てもみせられるようにキレイにしておきたいとは思う。
お風呂場も、バスタブをきれ〜なままの状態を保ちたい。
バスタブが「お〜!!すんげーキレイじゃん★」と思えたお宅は少ない。
代々使われてきたバスタブ。
代々溜まった水垢だからね、仕方ねー。

自分、お風呂場だけ、リフォームされたばっかりで入居したので、
ここだけは、きれいに返上したい!!と思っている。

が、ここの持ち主の義姉さんが泊まりにくる度に、
「なぜここがびしょ濡れ??」と床が凄い。
この間なんて、酷かった。。。 あたり一面だった。。。
あいた口がふさがらなかったので、
口は開けっ放しで、雑巾がけ。。。
そこに現れた彼女の一言。

「あ〜水が飛んじゃったのよ〜」

来月来るみたい。
雑巾を何枚か用意しておこう。。。 

キレイに使う。っていう神経はないのか??

彼女は姪っ子である莉乙奈にメロメロで、
メロメロすぎるが故に、莉乙奈の服は口紅の跡だらけ。。。
それをゴシゴシ洗濯するのは。。。 私の役目。。。泣

彼女が過ぎ去ったあとも、彼女のすんごい香水の匂いで
ぶっ倒れそうになる。。。 
私的にはカビキラーをバスタブにまいた後のお風呂場にこもる方がましな程。

主人に「鼻、おかしいんじゃない??」と言われる敏感な鼻。
それを上回るうちの母の鼻。。。

悪気はないし、いい義姉さんなんだけど、
私のちょっぴりA型みたいな気質と鼻だけは、「勘弁」と言っている。

あ、ちなみに、私、B型です。
自己中のマイペース。(とろくさくはないです。むしろ逆??笑)

携帯を変えました。
それを期に、契約会社も変えました。
SMS(日本でいうショートメール)が送り放題。
主人も携帯を変え、便所でもニュースが読める生活をしています。

昨日「あ、写真が送れるかも」と試したら、送れた、タダで。笑
嫌がらせメールかのごとくに、娘の写真を撮っては送る。
そんな生活が始まる予感です。笑

ようは、暇なんです。
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-23 14:23 | bébé 赤ちゃん

4 mois

4ヶ月

ということで

莉乙奈、もう4ヶ月です。

4ヶ月検診は予約が取れなくって、なんと。。。3月9日。
どっちかっていったら、5ヶ月検診に近いじゃんか。。。っていうね。

どんだけこの地域に子供いるんじゃい!!ってな。笑

なので、体重や身長の成長具合を知るのは、もう少しおあずけ状態。

最近、「キャッ」と時々奇声を発します。笑

おしゃぶりはもう病み付きですね。汗
「これをしゃぶれば落ち着く」と思っている私たちは、よくしゃぶらせちゃいます。

が、指しゃぶりというか、げんこつだったり、指数本を口に入れて遊んだり、
おしゃぶりも自分でひっこぬいちゃ〜、紐をなめて、よだれまみれに。

寝返りの気配は全く持ってないですが、足を持ち上げては、
踵落としを床にくわらせてます。
時々「ゴン」ってなるので、足下には多めに布でも。。。ってな。

夜はまとめて寝てくれます。
3ヶ月ごろに比べて、確実に寝てくれます。

お陰で、昼間は3時間(〜4時間)おきの授乳で、突然、8時間〜10時間あくので、
お乳が破裂しそうに(笑)なって、目が覚めます。

久々に。。。搾乳しましたね〜。 
搾乳機でやりたかったな〜。笑 分量もわかるし。

でも、ここで搾乳しまくると、
脳は「お乳、出動中。次、スタンバイに取りかかれ!!」と思うんですね。
なので、必要ないから搾乳しても、結果、もっと生産しなきゃ!と思ってしまう。

このリズムにお乳にも慣れてもらわないといけないので、
当分は娘の「メシくれ〜」の合図で起きるのではなく、
「破裂」の気配で起きる日々になりそうです。


なが〜い睫毛にも見慣れて、
こゆ〜い眉毛にも見慣れて、
「赤ちゃんのくせに凛々しい顔してるわ〜」とな。

横でねてる姿を眺めては、
「セクシーな口してんな〜」と思ったり。

セクシーで思い出したけど、
主人のいとこは、奥さんがイギリス生まれのオリジン中国の方がいて、
奥さんもフランス語を話せるけど、英語の方が楽なようで、
いとこもついつい英語での会話をしてしまい、
子供たちとも英語。 上のお兄ちゃんは5歳くらいだけど、フランス語はわからないよう。
しかも、フランスに住んでません、彼らたち。

出産の前日、陣痛があってもお昼はいとこ同士の食事会へ出席。
実は、彼らが家族揃ってフランスに帰ってきたのが久々だったから。

そこでこんなエピソードを。
カルフール(スーパーだけじゃなく、いろんなお店もある)に言った時、
5歳ほどの息子くん、女の子を指差して、
「She is sexy」と言ったそうな。笑

いとこのキャラからいくと、「パパに似たのね〜」と笑える。
その姿が見たかった。。。

私に向かっても、「デブだね」と。笑
するとママさんが「お腹に赤ちゃんがいるのよ」と弟がいるので、わかるんですね。
「さわってもいい??」と。

そして、翌日、私は出産し、入院中に来てくれたんですね。
その時も、率先して、赤ちゃんに触れようとする姿、かわいかったです。

私も娘と、「あの男の子、どうよ??」とか言い合いたい。笑
娘の男にも口だししてしまいそうだな〜、私。笑

e0153088_21185089.jpg

「なんですと〜!!」 ってか??笑
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-22 12:55 | bébé 赤ちゃん

Quelle tristesse...

なんて悲しい。。。

ということで、

数日前、夕飯の時間だったかな。

「Alexander McQueen氏が、自宅で死亡している。。。。。」とのニュース。

思わず、「???」と画面を見つめてしまった。


原因不明とその時は言っていたが、自殺だったよう。
母の死が、彼を自殺へと導く程の、悲しみだったそう。。。


自分がモードの世界にのめり込んで行く過程で、
二人のデザイナーの存在は大きかった。

一人はYoji Yamamotoの、ウエディングがテーマのコレクション。
そして、ショーの演出と共に、毎回楽しませてくれた Alexander McQueen。

高校時代から、コレクション雑誌を毎回楽しみにしていた。
通学時間に眺めてもいた。

いつからか、デザインとかブランドには興味がなくなり、
ただ服を作ることが好きになっていった私だけど、

好きなデザイナーとして名をあげるなら!
あ〜、やっぱり、Alexander McQueen。

高級ブランドはブランド名だけで値が上がる。
だから、私は。。。アンチブランド。

ブランドの小物は、洋服があまり売れないのをカバーする分野。
と勝手に思っている私。笑

それでも。

彼の死は、やっぱり、悲しい。
YSLの死よりも。。。
私は悲しい。。。(ごめんなさい。。。)

この不景気で、いくらでも節約出来る分野である衣服。
自分の娘が「服を作りたい」と言ったら大賛成だが、
「デザイナーになりたい」と言ったら、大反対するだろう。

うちの娘はゲームオタクになるやもしれないので、
そんな心配は無用か。。。笑


密かに、田舎娘にも衝撃と興奮を与えてくれたAlexander McQueen氏に、
心からのご冥福を。


それでも私はメシを食い、トイレへ行き、夜は寝る。
そして、毎日の生活で精一杯で、
忘れてしまうんだろうな。。。

愚かだな、自分。
でも、これが人間なんだろうな。。。
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-18 22:10 | mode モード

Le défilé de Burfitt

ファッションショー Burfitt(バフィット)

ということで

ちょこちょこお仕事をしているところ、Burfitt。
この間、急ぎの仕事をちょこっとな。

スウェーデンにてデフィレが行われた。

そちらの映像が見れます。
ちょっと演出により暗くて見えずらいのが残念だったけど、
素敵です。

www.bonmagazine.com/#/

このサイトへ内の一番左の写真をクリック。
そして、右側の列で下の方にBURFITTがあります。
そこをクリック。
するとショーが始まります。
もう一度画面をクリックすると、大きく(少しだけ)なって、もう少し見やすいです。

ここのパンツが大好き。
ボーイッシュな感じ、とっても上手。
私は外反母趾でヒール靴を履けないんだけど、
ヒールと組み合わせたら、フェミナンさも出せるのが素敵。

素材も洗いにかけたり、染めたり、ヤスリをかけたりと、凝ってるんですよね。

日本のH&Mでは、イラストで参加してたりするデザイナーさん。
KENZOの広告イラストも手がけてました、そういえば。

女ばっかりのこの会社。
いつ行っても雰囲気が良くって、大好き。

ただコレクション時期は、とーっても大変。(どこもそうだけどね)
いつ仕事復帰出来るかな、私。。。

「いつ仕事復帰するの??」と毎回言ってもらえるし、
やっぱり、凝ったデザインの服を縫うことが楽しいんですよね。
2着だけ、久々に縫ったけど、少しずつ形になって行く。
自分のこのひと縫いが、形になって行く。

快感ですね〜。笑

出来るだけ長くうちで娘を面倒見続けたい。
けど、フランス式でいうと、もう仕事復帰してて当然だからね。

今日は日本の家族とスカイプ。
グズグズが途中で始まって、ずっと続きました。。。
久々〜。汗

「扱いが荒い」と言われっぱなしでした、私。汗

生卵の黄身をつぶさないような扱いをみんなしてるんでしょうか?

きっとうちの子はゆで卵です。笑
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-13 16:50 | mode モード

Ca fait du bien à la maison.

家はいいな〜

ということで

今朝、7時半には家を出て、7時50分からポリスの前で並んでました。。。
昨晩、雪が降ったようで、足下は雪。
まだ薄暗く、20人程の人がすでにいました。

「ま、このくらいの人なら、早くおわるな」

と9時オープンまでひたすら耐えるのみ。

もう足先がキンキンしてきた〜!!!泣

一人でこんな寒いなかだまって耐えるのにくじけそうになったり。。。

すると、
黒人のおにいちゃんというかおじちゃんというか。。。
その人が、「君、滞在許可書?? じゃ、この紙ね」と配ってる。

「なんじゃそりゃ??」と思いつつ、8時40分。


「じゃ〜、紙持ってる人。一番の人は??次は??」と
並ばしてるじゃ〜ないですか。

「5時に来て、すでに4人いて、俺が5番目」とご本人。

「???」

役所の人でも何でもない。
くちゃっとした番号の書かれた紙きれ。

「貰ってないわよ」 「そんなの知らないわよ」と言う人もいるけど、
「俺に頼まないからだろうが」と。

「???」

あんた役人でもなんでもないでしょうが。
誰もあんたが順番管理してる人だなんてしらねーよー。

と怒りがこみ上げてきた。
こんなに凍えて待ってたのに、一気に行列。

並ぶ気にもなりません。
なので門の前で待機。笑

反抗する気力が残ってないため、主人登場を待つ。
もう立ってるのが精一杯なくらい、
寒さって、人の体力も精神力も失わせますね。。。
暑さだけじゃない。

私のように、意味不明なことが起こってることに腹を立ててる人もいたり、
言うこと聞いて、番号札?もらって、並び直してる人もいたり。
おもいっきり割り込んで、言い争い。

主人登場と同じころ、警察官も登場。

列に並んでない私をみた主人は「???」
事の説明をすると、主人は警察官に質問しに行く。

「チケットなんてないんだから、どうぞ行ってください」ということで、
がっつり入らせていただきました。

私より先にいた人(真面目に並び直してた)よりも先に入れちゃったのが
ちょっと。。。「すいません」って感じだったけど。

役所の中に入っても、割り込みだなんだと言い争い。
しかも、女同士で、やっぱり(ごめんなさいね。。。)黒人の方たち。
同じ境遇だからこそ、もっと穏便にさ〜と思うのは、私が日本人だから??
ここでは、常に黒人さんたちが騒いでいる。
勝手に番号札作ってたのもだし。。。

私の期限が切れたレセピセも問題なく、
さらっと「大丈夫です」と。
しかも、「今時間がかかってるんですよ」ということで、
「6ヶ月経ってもカードが出来ていないことは普通じゃないですが、今回は普通です。」
って。 

主人は「文句を言いに行く」と言っていたが、
レセピセの期限が切れていたことと、
彼の社交的な面と、「これが外交なんだよ」という技で、
お役所の人も優しく対応してくれる。

結局は、頭ごなしにいくよりも(こっちに否がなくとも)、

「笑顔を添える」

それだけで事がスムーズに行くのは、世界共通かな??

次回のレセピセは5月10日まで。笑
それまでに「取りに来てください」レターがくる事を祈る。
なにせ、次回は次回で、日本帰国と更新が重なってるもんでね。。。

約3時間で戦いは終わった。。。

家について感じたこと。

「家っていいな〜」

「道路はいやだ」


フランスには路上生活している人がいっぱいいる。
こんな寒い冬に路上って。。。
1時間ちょいお外で立ち尽くしていただけで、うんざりというか、
心くだけそうになった私。

生きる事、生きのびる事、生き続ける事。。。
路上生活、きっといろいろ考えちゃうんじゃないかなって思った。

屋根がある、お布団がある、火がつかえる、お湯も出る。
それがどんだけありがたいか、感じた日になりました。

昨晩は22時過ぎに寝た娘。
ぐっすり寝てくれて、タイミングよく、お乳をあげてから私は出発して、
家についてから本日2回目の食事。

お乳をあげたときに、
「莉乙奈の口、あったかいわ〜」と。


午後はカルフールへ買い出し。
そして、携帯も見てきます。笑

ひとまず、レセピセは無事に2度目の更新!笑
そして、2011年の更新時に、10年カードの申請出来るとのこと。
それまで、なんど通い、何度レセピセ更新をするのやら。。。
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-11 11:17 | quotidien 日々のこと

Merde...

しまった。。。

ということで

やってしまいました。

というのも、移民が異国で長期滞在をするには、滞在許可書が必要。
パリに住んでいた頃は、更新の手続きをして、仮りの滞在許可書を受け取り、
1ヶ月でカードになります。

が、うちの郊外。。。
パリのように学生と労働、家族ビザや、移民別になど、なっていないんですよー!!
すべて、一緒。

行く度にアフリカ人と受付の人の言い合い、
最悪は移民同士での言い合い(俺が先だのなんだ)が耐えません。

私は天秤にかけられる身分から抜け出せたので、
更新はいたって簡単。
ただ人の多さと、仕事の遅さで、時間をムダに費やすだけで。

去年の8月に更新の手続きに。
結婚して家族カードなので、主人同伴が義務。(白紙結婚を防ぐためかな)
そこで、レセピセといって、仮滞在許可書を受け取り、
「カードが出来たので取りに来てください」の手紙が来るまで待つのみ。

仮滞在許可書の期限が3ヶ月。

その間に手紙がこなければ、レセピセの更新をしにいかなければならない。

これを産後2週間ほどで、莉乙奈を連れて11月に行ってきた。。。

まさかとは思ったけど、

まだ手紙がこなかった。

またレセピセの更新かよ。。。 また4時間とか待つのかよー!!

と、2月なことだけ頭にあって、日にちを気にしてなかったんですよね。

主人も「税金で食ってるくせに、仕事してないじゃないか!!」と
文句を言いに行きたいそうで、
彼の平日休みが明日。 先週から明日行くことを決めてたんですよね。

ところが、今朝見たら、日にち過ぎてる〜

やばーい。

もう勘弁してくれ〜!!

一応法律が変わらなければ、来年の更新時に10年カードが貰えると思うから、
それまでの辛抱なんだけど。。。

やっちまったー。

明日の朝の気温はマイナス。
明日は私も人だかりに混じって、オープン前から並ぶことに。

莉乙奈を連れて主人は後からくることに。

そんな時に、私のケータイ、お陀仏しました。
昨日の夜から。。。

やってられないわ〜ん。。。
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-10 09:51 | quotidien 日々のこと

Je me souviens quand elle etait plus petite.

娘が小さかった頃を思い出す

ということで

今日は節分でした。
家であるもので、恵方巻きを作り、どうみても一気に食べきれる大きさではなかったので、
普通にいただきました。笑
ただ、西南西を向いてといっても、時々そっちを向いたりしながら。汗

今日は母のお使いの買い出しと、お友達に会いにパリへ。
最近、急ぎの仕事のためにパリへ何度か往復してました。
もちろん娘と共に。

いつも抱っこ紐を使用。
電車に乗ると30分はパリまで座りっぱなし。
この間気づいたのが、「あ、正座状態だな。。。しびれるだろうな〜」ということ。

ようやく首が座り始めたので、正面を向いて抱っこ紐の中に。
買い物の間など、興味津々に左右に頭をフリフリ。
そして、いつの間にか寝ている。。。

この体勢なら正座にならずにすむ!と思い
いつも自分の体側に向かせていたのを、正面にして電車に乗ってみると。。。

いやがったんです。

なので、今まで通りに、私に抱っこされている状態にしたら、
最初のうちは窓から見える動く景色を眺めて。。。 夢の世界へ。。。

すると、私の胸にぴったりとくっついて眠る娘。

あたたかな頭の重みを胸に感じ、その寝顔を上から眺めていたら、

産まれて3週間ごろまで、私の胸の上で眠るのを待っていたあのころを、

その心地よかった重みと共に思い出させる。


今日会っていたお友達は、私のパリ生活を語るには欠かせない人物。

よく彼に言われる事だけど、今日も言われたのが、

「こんなに順調なのは、あなたぐらいよ」と。

ようは、この地で日本人で、フランス人のパートナー相手に、
恋愛して、この歳で、結婚できて、子供も授かって。ってことですかね。

単に彼の周りにいないだけなのかもだけど。
(う〜ん。私の周りにもあまりいないかも)

義理の両親や家族とも仲良くやってるし、友達にも恵まれてるし。
主人には文句なんてないし、子育てにも積極的で、
最高な奴をパートナーにしたぜ!!って今でも思うし。

「あなた、自分が幸せだって、思ってる??」
そう聞かれた。

きっぱり「思ってます。」と。

照れも何もなく、ただバカ正直に「幸せです」と言える自分。

「それでいいのよ!!」と。

こう問われることで、あらためて気づかされること。

普段がただただ流れるように過ぎて行くがゆえに、
毎日感じていることが当たり前になってしまう。

今日は恵方巻きを食べながら、主人にも聞いてみようと思っていた。

Tu es heureux??? (幸せ??)

その答えは。。。

「え?? この巻きを食べてることが??」 
ですって。笑

結婚式。
彼が答えた、揺るぎのない高々とした「oui」が今でも心に残っている。

正しい質問の答えも、やはり 「oui」だった。

e0153088_6543914.jpg


だと思ったよ。笑
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-03 22:22 | bébé 赤ちゃん

J'avais perdu une photo

忘れていた写真

ということで、

娘が産まれて4週目に、いとこのVincent(ヴァンソン)が写真機を持って来てくれました。

彼はカメラマン。
私たちの結婚式の写真も彼が担当してくれました。

もうバシバシ撮ってもらっていました。


今日は朝から掃除に洗濯、細々とした整理をして。
IKEAで買っておいた木の写真入れが出てきたので、ペインティングしました。

じゃー、あとは入れる写真をプリントアウト。

あ〜、選べない。
かわいいのやら面白いのやらがありすぎて。。。笑

そんな中、こんな見落としていた一枚が!!!

e0153088_1374127.jpg


ははは〜。
やっぱりやらかしてくれる娘にばんざーい★

注; この腕は主人の姉さんです。
フランス人(?)は、足の毛の処理はするのに、腕は放置。 
ボウボウなレディが多いです。笑 
[PR]
by junjun0625 | 2010-02-01 17:31 | bébé 赤ちゃん