「ほっ」と。キャンペーン

やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

時々食べたくなるもの

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

フランスでは牛肉のミンチがステーキ上になっているものを食します。

ステーキ屋さんで子供がよく注文するものもこのステーキ。

牛肉の中ではお値段もお手ごろ。

私はこのお肉でハンバーグやそぼろを作ったりするので、使い方いろいろ。

ただ塩、コショウにお好みのハーブで味付けて焼くだけで簡単ランチにもなります。


テレビで観てしまったんですよねぇ。。。

アメリカ人が作る、移動販売するハンバーガーを。笑


時々食べたくなりません??


ということで、ハンバーガー用のパンとチーズ、このミンチステーキを買って作りました。


e0153088_17211745.jpg

サラダもあったらよかったけどねぇ、ジャンキーな感じで。笑

中にはトマトと軽く焼いたズッキーニ、チーズにお肉。

パンの表面がカリっとなるように焼いて、チーズは少しとける程度に焼いて。

コショウのソースとマスタードで。

うちにはマヨネーズもケチャップもありません。笑

マヨネーズが必要なときは、卵の黄身とマスタードにオリーブオイルで作ります。

そこにニンニクを加えるのがお好みです。


ポテトだって、カットして、お水で洗って(でんぷんを洗い落とすことで揚げたときくっつきません)、

しっかり水分を取り、揚げます。 揚げ終わったらすぐに塩をフリフリ。

油っけと落としてからよりも、すぐに塩を振ったほうが、甘くなる気がします。

そして、水切り時、キッチンペーパーは使いません。

トーションと呼ばれる、キッチン用の布きんを使います。


e0153088_17293695.jpg

一生懸命かじってます!!


日本の照り焼きバーガー、世界で発売してくれないかなぁ~。

といっても、うちから一番ちかいマックまで、車で1時間はかかりますけどね。笑


自家製お手軽ハンバーグは肉厚で、好きな具がはさめるのでなかなかいい。


このところ、雨が続いています。

といっても、一日中降ることはなく、夜に雷だったり、昼間にちょこっと降ったり。

それだけでも、気温がぐんと下がってくれて、気持ちがいい。

日本のそれとは比較できませんが、それでも「湿気」を感じます。

傘を持っていなかったので、晴れ間に買いにいったのはいいのだけれど、

そこにキティちゃんの傘を莉乙奈は発見。

しかも大人の傘よりお高い!(すぐ壊すだろうになぁ。。。)

けど、すでに「私の傘」状態になっていたため、買ってあげました。汗

そして、晴れているにも関わらず、傘をもってお出かけしたりしています。

莉乙奈を連れて、郵便局までお出かけして戻ってきた主人が一言。

「恥ずかしげもなく、晴れてるのに、傘をさしてたよ」

そういうお年頃。笑





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

雨が少ない地域なので、気持ちがいいです!
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-30 17:39 | cuisine お料理

フランスの子供部屋

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

といっても、日本人がデコレーションしたお部屋ですが。。。笑

e0153088_1935653.jpg

ベッド周り

ガーランドをどんな風に飾っているのか見てみたいとのお言葉を頂いたのでご紹介。

販売したガーランドよりも長い莉乙奈のガーランド。

中途半端に余った生地も組み合わせたので長いのです。

ここは「寝るだけの部屋」に近いので、ベッド周りのみ賑やかにしてあります。

e0153088_19382559.jpg

ガーランドのしたには、小鳥が飛んでます。(壁に貼り付けてある)

折り鶴を糸に通して、天井からぶら下げています。

どうしても、「日本のもの」を飾りたかったのです。

e0153088_19405316.jpg

ピンクは女の子の特権! 意外といろんな色の壁とマッチするシックなピンクです。


このピンクの生地がシルクです!! 

きちんと中表にして縫い合わせひっくり返しているの、ながーくお使いいただけます。

お手軽に出来る切りっぱなしのガーランドもいいけれど、

ma boubounetteは大事に長持ちさせたいもの作りがベース。


e0153088_19433531.jpg

頂いた2人のバービーと、日本のおもちゃと、mina perhonenの白鳥。

私が小さかった頃、りかちゃん人形が家にあって、でもバービーちゃんも欲しくって。

うちは「お年玉やお小遣いを貯めて買いなさい」と言われたので、

やっと買いにいける!とお店に連れて行ってもらったことを今でも覚えています。

最後には髪をばっさり切っちゃった私。。。汗

莉乙奈は2歳にしてセクシーバービーとバレリーナバービーを持っています。

う、うらやましいぜ。笑

日本のおもちゃはまだ使い方が難しいようだけど、面白がって遊んでいます。

minaの白鳥は、かれこれ6、7年前にパリでコレクションをしたときに観にいって、

帰り際に配られたものです。 いつも家のどこかに飾っていましたが、今は莉乙奈のお部屋。


e0153088_19535787.jpg

通園リュックと、下はキティちゃんの生地で作ったミニバック。

日本でかったビニール加工された生地よりも薄くって、へにゃっとなってしまったけど、

お着替えなどが入ればいいので、十分大きな(大きすぎたかも。。。)なリュックになりました。

そして、キティちゃんの生地は、なんと私が小さかった頃に母が買っていた生地。

母はもう1人の孫にお洋服を作るようになって、昔の生地を引っ張り出したらでてきました!

キティちゃんがブームの莉乙奈に頂いてきました!

今は折り紙で作ったしゅりけんが入っています。


家具はベッドも洋服タンスもベッド上においてある飾り棚も自分でペイント。

ペイントすると決めているときは、家具を買うとき、ペイントしやすい素材をチョイス。

色は一色で統一しています。

木をみると、思わず塗りたくなってしまうのです。笑





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

子供部屋は親の好みが出ますよね。笑
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-29 20:09 | bébé 赤ちゃん

スネオ君、実写版。

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

ある日の夕方というより、夕食時。

e0153088_1539715.jpg

自分でタオルにくるまって、おねんねしてました。

そういえば、8月ももうすぐ終わりに近づき、太陽が沈む時間も21時をきりました。

そのままベッドへ連れて行き、おねしょ覚悟で寝かせました。

夫婦でゆっくりご飯を食べて、テレビを観て、「静かだねぇ」と。


でも、やっぱり起きました。

「ミルクー」と言っているので、朝を間違えている。。。

ベッドで飲ませて、おしっこさせて、添い寝で寝かしつけ。


翌朝の彼女はなんともすばらしい髪形に。

e0153088_1544161.jpg

うつぶせで寝てたんだろうなぁ。。。 ケーキを作っているところです!

まっすぐな髪の毛の彼女。

まさにドラえもんにでてくるスネオ君の前髪に。

e0153088_15453825.jpg

これがなかなかモチがいい。汗


ちなみに前髪を少しだけ切りました。

でも、これ、はさみを二回しか入れさせてくれなかったので、左右で長さが違う。。。

常に動き回っているので、あまり気にならないっちゃーならないのだけれど。

後ろもだいぶ伸びて、後姿がとってもきれい。

3歳になったら切ろうかと思ったけど、どうしようかなぁ。


そういえば、生まれて最初に切った髪の毛で

小さな小さな針山を作りました。

一つの瓶に、へその緒と愛用していたおしゃぶりと一緒に入れてあります。


午後にはスネオ君ヘアから普段の莉乙奈に戻ってしまいましたが、

なかなか笑える朝を過ごさせてくれました。




フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

髪は女の命って言うしねぇ。
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-28 15:53 | quotidien 日々のこと

種をまく人

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

うちに約1名、家の中に種をまく人がいます。

さて、何の種でしょう。

e0153088_16571361.jpg

りんごです。

その時、その時で「はまる果物」があるようで、

突然「りんご、食べたい!」と出だして、

数日前から毎日りんご一個を、皮ごと食べます。

私は皮ごと食べられないので、「すげぇなぁ」と見ています。笑

フランスではブドウはもちろんのこと、ピーチなども皮ごと食べている。

私は全然だめ。 あの皮のしゃきしゃきが邪魔すぎる。

皮にも栄養があることはわかっていますが、食感重視になってしまいます。


さて、芯に近づくと、「たね」と言って、大事に取り出します。

e0153088_1725281.jpg


種で「はなびー」と模様を作ったり、さすが子供のイマジネーション力。


それにも飽きると、種を手にとって、家中をブラブラ。

あちこちに種をまいてくれています。。。


近くの公園で、どんぐりを見つけました。

大きいのは「パパ」、中くらいは「ママ」、小さいのは「オシェアン」にと持って帰ってきました。

トトロの影響でどんぐりが大好きになってしまいました。

そして、時々、階段にどんぐりが置いてあります。


チビゴジラも、時々とってもかわいいことをするのです。




フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんど私の通学バックをみせるね!
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-26 17:18 | quotidien 日々のこと

たこ焼き味

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

母が送ってくれた荷物の中に、

「隙間があったから」とでも言うかのように

一つだけ、たこ焼き味のスナック菓子が入っていました。笑


e0153088_2214661.jpg



フランスには子供向けのお菓子とか、少量に小分けされてるものなんて無いので、

日本のスーパーのお菓子売り場は子供にとって天国ですわ~。


封を開けただけで、「たこ焼き風味」の香りがなんともいいこと、いいこと。

やっぱり買っておけばよかった。

たこ焼き機。

次、日本に帰ったら、小ぶりでもいいからたこ焼き機を連れてこう。

でも、ここでは「たこ」は手に入り難いので、にく焼きになりそうだけど。笑





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ソースも買わないとね。
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-26 02:25 | quotidien 日々のこと

最後の「夜のマルシェ」

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

延長になった水曜の夜のマルシェ。

気づいたら一杯飲むのではなく、アイスを食べる日になってました。


この日の朝、流産の処置をしたのですが、

腹痛があるぐらいで、ちょっと出かけるのには気分転換できてよかったので

お誘いをお受けして、出てきたのです。


お泊りにきているお友達もいて、なんと千葉県でパン屋さんを経営している方でした!

↓千葉県稲毛区黒砂のおそばにお住まいの方、パンが大好きな方、要チェック!

Boulangerie dodo

この日はお言葉にあまえて手ぶらで。。。

e0153088_2320392.jpg

こんなにも素敵なタルティーヌのオンパレード!!

なんと、仲良くしてくれている近所のパン屋さんに、昔研修に来ていたそうです。

「どうしても釜戸で焼いてるパン屋さんで勉強したかった」ということで

こんなど田舎へとやって来たのは4年前のことだそう。

そして、今は千葉で自分のパン屋さんを経営なさっていて!!

フランスでは女性のパン職人やお菓子職人って、日本ほど見かけない。

だって、体力仕事だし。

そう思うと、日本の女性は強い!!!


夜はカフェではなく、移動販売している「ヤギのおちち」という名のアイス屋さんへ。

みんなそれぞれ思い思いのパッファン(香水という意味だけど、「味」も意味する)を選んで、

昼間の暑さも少しは和らいだ夜空の下で食べました。


ここ、やけに男性人が列を成しているのです。

「ヤギのお乳じゃなくって、マドモワゼルのお乳めあてだねぇ」と女性陣。

「そして、それを見張るのが横にいるだけのママの役目なわけね」と女性陣。笑

とってもかわいいお乳の大きな女の子がアイスを盛り付けてくれます!

次は来年までのお預けかしら。。。


e0153088_23261886.jpg

「かたー」と言って、肩車を要求するのよ、こちらのマドモワゼルは。




フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

莉乙奈も元気よ☆
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-24 23:32 | cuisine お料理

薬に副作用

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

昨日からドクターに処方されたお薬を二種類服用。

一つは出血に関するお薬。

もう一つは回復を促すお薬。

見慣れないお薬なので、何度も処方箋を見直す夫婦。


ところが、体がおかしい。

服用後10分程度かなぁ、異変があわられました。

まずは腹痛。なので、漫画本片手にベッドに横になったわいいけど、

今度は吐き気もプラス。

トイレでぐったりするにはしずらい設計のため

お風呂場で吐き待ちしていると、

今度は手足がしびれるというか、力が入らなくなり、腰が痛い。。。

もう、どの体勢になればいいのかわからなくって、苦しみながら試行錯誤。


確かにドクターが一つ目の薬は足がしびれたらそれ以上の服用はやめて下さいって

言ってたけど、すんごいんですけど。。。汗


様子をみにきてくれた主人に薬の副作用を確認してもらうと

まさにまさにの副作用が全てどっかんときてました。。。


本当にきつかったです。

意識がぶっ飛んでくれて倒れたいと何度も思いました。

吐くことはなく、ひたすら耐えること1時間?

いや、それ以上な気もするけれど、とにかく勘弁願いたい副作用でした。


ドクターに電話しても、お昼でいない、

再度電話しても、エコの予約でいっぱいで電話をつなげられないということで、

別のドクターにひとまず相談で、一度服用をストップで、明日かけ直すようにと。

ただ、このお薬は飲まなくてもいいものだそう。

自然と回復をするのを待つことも可能だということで、ちょっと気持ち的に救われた。


先ほどドクターに確認したところ、一つ目の薬の副作用がほとんどだろうと。

なので、それは飲まなくていいから、もう一つのほうは飲みましょうと。

こちら、あと19日、飲み続けます。


ちょっと眩暈のような感覚がするので、これぐらいの副作用なら大丈夫かな。


義兄家族がバカンス終了ということで、明日、出発してしまうので、

今夜は家族で集まっての夕食会。

やはりこの眩暈のような感覚が気になるので、横になろうかな。


主人がたっぷり莉乙奈の相手をしてくれるので、助かります。

かといって、彼もつかの間のバカンスなので、たまったゲームに勤しんでますが。笑



e0153088_22352795.jpg

すいかときゅうりの組み合わせ、すごいでしょ。笑 


たくさんの方が「実は私も」と流産の経験のお話をして下さいます。

「よくあること」とは聞くけれど、こんなにも身近に多くいるのかぁと。

日本の少子化対策に、不妊などで悩んでらっしゃるご夫婦のサポートをするべきだと思うのです。

出産費用も大事だけれど、それ以前の部分で少子化なんだと思うのです。

フランスではそういう面でのサポートも年齢に制限がありますが、あるようです。

より多くの方が、治療などに専念しやすい環境作りを国をあげてしてもいいのではと。


今回、このような経験をしてみて、初めて味わった感情は、私を大きくしてくれたと思います。

本当に薄情なほど気持ちの面では元気ですが、それでもみなさんのおかげ。

いつか「これも一つの大事な通過点だった」と思える日が来るように

今ある生活をより大事にしていかないとなぁと改めて思いました。





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

みなさん、元気をありがとう!
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-24 22:45 | grossesse 妊娠

べべとのお別れ

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

昨日は実際に出産をする時に行く病院で流産の処置をしてきました。

前の夜から主人のママが来てくれて、

一緒に夕食を食べ、その後、なんとママから思わぬ夫婦感の愚痴を聞き、

私は出血が始まり、産婦人科のドクターが言う通りにつわりのような吐き気や腹痛が。

猛暑のせいで風通しのいい我が家に入ってくる風は暖かく、

冷房器具なんてうちわしかないので寝苦しく。。。

痛み止めとつわり用のお薬を服用して、横になっても、気分は悪く。

「稀にこの段階で受精卵が出てきてしまうこともある」と言っていた。

出血の量も増え、まさか、と思うものまで出てきて、主人を呼ぶ。

ドクターにもらっていた説明を細かく読んでみると、一安心。

まさにマニュアル通りに私の体もなっているようでした。

薬の効き目も出てきて、寝付けたと思えば、

外で言い争いをしている集団がいて、莉乙奈は怖くなって起き出してしまい。

朝7時に起きて、コーヒーだけ飲んで出発。


静かな出産後の病棟。

一つの病室へと案内されて、看護婦さんに血圧と体温を測ってもらう。

それから担当して下さる助産師さんが来てくれて

「よくあることだから。 でも、気分はどう?」と。

自分でもびっくりするくらい、「今はもう大丈夫です!」と言えるくらい元気に。

一日だけ1人にさせてくれて、どーんと落ち込ませてくれたのがよかったのかな。

それに、莉乙奈の声が聞こえると、ビタミン剤みたいだったし。


お薬を2粒飲んで、同じお薬を一粒は子宮口のところへ。

これで出産のように子宮口を開けて外へ出すと。

なのでお薬で出てこないように横になっているようにと。

おトイレに行くときも、その時に出てしまうこともあるので、便座にオマルを取り付けて。


「ゼリー状のような、白っぽいような半透明なようなもので1~3センチくらい」

それが受精卵、私たちの赤ちゃんだそうです。


痛みは生理痛程度だけど、何にも感じない人もいれば、激痛の方もいるそうで、

そういう時はお薬だしますから、遠慮なく。とのこと。


お薬を飲んでから3時間以内で反応がなければ、さらにお薬を追加すると。


雑誌をぺらぺらしながら待っているとおトイレに行きたくなり、

横たわっているときより、体を起こしたときのほうが出血が。

するとドロドロっと。

「なんか白っぽいものあるなぁ」と思い、ナースコール。


「ちょっと判らないんですが」と見てもらう。

すると「そうです、これですよ~」と。 常に明るく接してくれる助産師さん。

一時間で出てきてくれました。

「痛みは1~10だとしたら、どのくらい?」

そういえば、一人目出産のときも、麻酔の効き目を表すのに、数字を言わされたなぁ。


「検査に出しますね。」と液体の入った瓶にいれてもらって病室を出て行ったのをみて、

連れて行かれちゃった。と。

でも、無事に出てくれてよかった。


そして、3、5ミリの赤ちゃんが、3センチぐらいのゼリー状のものに包まれているのを見て

「こうやって守られているんだなぁ」というのを見れて安心しました。


今でも莉乙奈に兄弟を!と思うし、次への妊娠への希望もあるけれど、

もっと具体的に「ほしい!」との意欲はなく、

今回、何が原因だったかのか、どうでもいい。。。と思っている自分がちょっといる。

これから検査される小さな小さなベベが、ちょっと気の毒に思うのです。


さて、ベベが出たことが確認できた後、胎盤などを出すための注射をしました。

おしりに。。。

とっても信頼している主人が「脂肪のかたまり!一番痛くないよ」というので

「そうかそうか」と、今日一番君がいて励みになったぜ!と安心していると、

ケツが思わず飛び跳ねる痛み!!!

「動いちゃだめー」と言われ、「おのれー、イタイじゃんかぁ」と握りこぶしに。汗


ひとまず4時間はベッドに横になっていないといけないということで

ひたすら時間が過ぎるのを待ちました。


この間、主人も一緒でしたが、じっとしているのが出来ない人で、うろうろしてました。笑

途中、朝食を買いに出てくれたり、暑さに耐えられず、私よりしんどそうでした。笑


血圧が下がっていたので、「しっかり食べること!」と最後に言われ、

「がんばってね」と送り出してくれました。


そのまま莉乙奈を迎えに行き、

朝起きて私たちがいなかったので、「マンモー(ママー)」とグズグズしていたようで

主人のママの顔を見たら安心したようで、ミルクを飲んで、朝食をとって、

ママのおうちに出発! 

お庭でプール遊び、そのままシャワーを浴びて、メロンを食べたり、

未だに採れるイチゴを食べたり、アイスも食べて、

お庭のトマトを自分で採ったようで、それも食べて。笑

ちょうどお絵かきをしているところでした。

「本当にいい子にしていたわ」と。


さぁ、おうちに帰りましょう。



大先輩である友人たちが「実は私もね」とメッセージやメールをくれて、

こうやって乗り越えて今がある、その今の姿を見ると、希望でいっぱいになります。


「経験しなければ幸せだけど、経験してしまった事で得られるもの」

を実感しています。 

みなさん、きちんとお返事しますが、

励ましのお言葉とつらい経験をお話してくださって、本当にありがとうです。


気持ちはすっかり元気で、昨日は一日ごろごろして、

夜はお誘いがあったので、友人宅で夕食と最後の「夜のマルシェ」へ。

子供たちの笑顔を見て、おいしいものを頂いて、元気もモリモリ。


さすがに最後は痛み止めがきれて「ベッド~」となりましたが、

今も産後のときのような子宮の収縮時の痛みのような腹痛があります。

今日かた20日間、毎日決められたお薬を飲みます。

来週は検査結果と私の回復チェックに検診があります。

とりあえず、今週はダラダラとすごして、来週から復活予定!笑


スイスに引越しした友人から沢山のプレゼントが届き、莉乙奈ウハウハ。

実家からもしまじろうやおせんべいやプレゼントが届き、

私たちの漫画も届き、家族でウハウハ。笑

いつもありがとう!!!


フランスでの流産は初期の段階であれば、このようにお薬を使っての処置。

どのくらいの時期から手術になるのかわかりませんが。。。


私は元気です。

それでも、今は自分の体を労わって上げよう。 そう思います。

絶望のどん底に行ったけど、今は希望の光がしっかり見えています。





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

みなさん、ありがとう。
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-23 18:43 | grossesse 妊娠

滞在許可書

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

先日、市役所から電話があり

「仮滞在許可書が届いてるから取りに来て」と。

ここの受付、若いお姉ちゃん。

といっても、私よりちょっと若いくらいかなぁ。

でも、パリでも、パリ郊外でも、親ぐらいの方がドシーンと座ってお出迎えだったので、

なんだか気楽に訪れることが出来る。


聞いている話だと、この仮滞在許可書とコンボカシヨン(カードの受け取りの正式書類)を受け取り、

ニームにある県庁に取りに行く。とのこと。

コンボカシヨンに「この街の警察に以下の書類を持って、面接に行くこと」とある。

この面接に予約を取りに「9月以降によろしこ」と書いてあるが、

市役所の方が「今日行っていいよ」と言う。笑

昨日は病院のあとは外出する気分ではなかったので、今日行ってこようと思う。

揃えないといけない書類も、パリ郊外時代に比べたら、らくちん、らくちん。


歩いて150メートルほどを二往復しただけで、仮滞在許可書が手元に。

何度も言いますが、「まじで」の一言に尽きます。

もちろん、カードの受け取りは県庁のあるニームなので、車で1時間ちょっとかかります。

小旅行気分で1,5ユーロでニームへ行けるバスに乗るもよしだし!

と、今までは「ストレス」だった行為ひとつひとつが何てことありません。


今後の展開は随時。



明日は朝の8時の病院入り。

実は明日、引越しのお手伝いをしてくれた方を夕食に招いていたのです。

数少ない調味料で、「期待されている日本食」を作る予定でした。


妊娠がわかっても、私は実の母(日本の家族)にしか話しません。

前回も主人側の家族には、一回目のエコをしてからでした。

さらに友人たちには「日本の安定期」に入るまでは待ちました。

今回はよくご飯をご馳走になるママ(とダーリン)に、先週話したばかりでした。

日本では意識されていない「トキソプラズマ」の抵抗が私はないので

サラダはお酢で消毒洗いし、お肉はよく焼く、生ハムなどは禁止、生魚もダメ!

そして、妊娠=アルコールはダメなので、

このお宅はお水よりも先にテーブルにお酒たちが並ぶので、断るのが面倒に。笑

なので、周りには内緒でということで話をしたのです。


ママに検診の報告をし、夜に折り返しの電話が。

「朝早いなら、前日の夜にそっちに泊まって、オセアンの面倒を見るわよ」と。

元々送り迎えだけしてもらって、1人で病院にいるつもりだったので、

なんだか棚ボタ。

今まで気軽に預けられる環境がなかったので、ママの提案にいつも「おー!」となる。

なので、今夜はママにお泊りに来て貰って、

朝、莉乙奈をたたき起こさず、こっそり病院へ出れそうです。

でも、莉乙奈にはキチンと説明しておくつもりです。

昨日は「ベベ(赤ちゃん)はもうバイバイするって」と話をしたら、

服の下から私のお腹を探り出し、「いたいのいたいの飛んでけー」とやってくれました。

バイバイする意味がわかっていないのは当然なので、微笑ましかったです。


私も気持ちの整理がつき始めました。

昨日飲んだお薬以降、お腹がドーンと重い感覚が続いています。

もしものために、痛み止めの薬、出血があった場合の薬、

つわりの症状がでることがあるということでつわり止めの薬、

が処方されています。

つわりのためのお薬があるんです。

ざっとですが説明書に目を通したら、6時間おきにしか飲めないので、

正式には「つわりがくるのを遅らせるためのもの」だそうです。

完全につわりがなくなるとは限らないということ。

今のところ、薬の出番はないのですが、待機してくれています。


今日は前向きに過ごせそうです。




フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

隣で私の耳を触ってテレビを見ている莉乙奈がいる幸せ
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-21 16:03 | quotidien 日々のこと

2人目

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

フランスに戻ったら予定していたことの一つが2人目でした。

ありがたいことに1人目はあっさり妊娠し、何の問題も無く、出産。

でも、2人目って不妊になったりすることもあるらしいしなぁ、と

夫婦で「もし出来なかったら、無理に作る必要はないよね」と話していました。

そう、1人授かってスクスク育っているので、不妊治療までしないて自然に任せようと。


2人目を視野に入れたら「フランスに戻ってから」といわずに

フライングしたくなる気持ちを抑え、だって、引越しなどで荷物運びがあるし、

初期妊婦には負担のあることばかりとわかっているのでね。


で、新居入居であっさり妊娠。

1人目のときも、そういえばパリからパリ郊外へと引越してすぐでした。


「妊娠できた、よかった」と安心したのが本音。


2人目は妊娠検査も急がず、とりあえず産婦人科に予約すると

予想以上に早い予約に。 たぶん、ドクターがバカンスに出るから。笑


すると、その日の朝に茶色い出血が。


「まさか」と思い、同時に「今日が予約の日でよかった」と思いましたが、

母が私を妊娠中、

「もし健康な子じゃなければ、自然に任せたほうがいい」

とおばあちゃん(母の母です)に言われたといっていたことが頭をよぎりました。

なので、産婦人科に行く前に、それなりの覚悟をして行きました。


この街に大きな病院があるのに、特殊らしく、実は隣町の病院に行くしかないと。

これはここについてから知りました・・・

バカンスに来ていて、「病院があるから安心ね!」なんて思ってたんだけど。

まぁ、込んでいなければ、トロクサイ車がいなければ20分、そうでなければ30分ほど。


ドクターは母くらいの年齢の女性で、とっても感じのいい方でした。

出血があるということで、たった妊娠6週でエコをしました。

「小さいわねぇ」と。

最初にチェックするいろいろな血液や尿、膣の菌などの検査をし、

「二日後にも血液検査をして、結果が悪ければ、対応します」と。

本人、明日からバカンスなので、同僚の方がその間担当すると。

今後のこと、もしもの場合は「ここに電話すること」など、しっかり説明してくれて安心。


でも、出血で「まさか」を覚悟したけれど、赤ちゃんが小さいことは想像していなかった。


血液検査の結果も、今ではメールで受け取れるようになっていて、びっくり。

二日後の血液検査に、その結果までの数日間がなんと長かったことか。


結果をもらったけど、これをどうとらえればいいのかわからず、ドクターに電話。

「一応成長はしてますね! ちょっと緩やかだけど」と。

悪い結果ではなかったので、一安心。

出血があればまた連絡を。

そうでなければ、バカンスから担当のドクターが戻るから予約入れといてと。

えー、夏なのにたった10日ぐらいしかバカンスないの?と。


何事もなく一週間過ぎ、「大きくなってるかなぁ?」と心配になりつつ検診に。

それでも、「覚悟」をして行って来ました。今朝。


「うーん、3.5ミリ。 普通なら12ミリあるところなんだけど」と。

やっぱり成長があまりにも遅い赤ちゃんでした。

「成長が止まってしまっています」という結果に。


それでも、10日前から1.7ミリ大きくなってるのになぁ。


最初から小さいといわれていたし、本来の半分しかないことも説明されてたし。


この日は主人も莉乙奈も一緒に検診室にいました。(送り迎え係りが必要だし)

ドクターもきっと、わかってたのかもしれません、よくないって。

だから「ご主人も一緒でいいですよ」って言ってくれたのかも。


手術ではなく、お薬で流産させます。

私はその場で妊娠を完全に止めるお薬を飲みました。

「次の妊娠はすぐにしたい? それなら今日、飲みましょうか?」と。

病院ではぜんぜん泣けなかったのです。

「あぁ、やっぱり、だめだったかぁ」それだけ。

先生の話も半分しか耳に入ってこなかったけど、ファビアン聞いてるし、と。

自分、迷わず飲みました。


二日後に別の病院(出産する病院)で、別のお薬を飲んで、流産させるのです。

これは飲んでから4時間は病院で待機。

3ミリの赤ちゃんでも、外に出ることは出産と一緒、陣痛が起こるそうです。

気分が悪ければ残ってもいいけど、基本は自宅に帰れるそう。

ただ、その時間内に流産できる確立は60パーセント。

そこで何が原因だったか調べるために赤ちゃんは採取されるそう。

もし、病院で流れなければ、24時間以内に自宅で出血があるはずと。

その場合は自分で赤ちゃんを採取(受精卵は丈夫だからとか言ってた。。。)しておくようにと。

そこの説明はちょっと衝撃的で「ファビアン頼んだよ」と上の空に。

ところがファビアンも、私と同じ世界に飛んでいっていたようです。笑

これはあさって、病院でまたちゃんと説明を受ければいい。

その一週間後にちゃんと出てるかなどのチェックにドクターとの検診。


「二ヶ月は休ませてあげましょうね!」と。

その間に私は決められたお薬を決められた順に飲むように言われています。


流産は初めてのことなので、とにかくドクターの言うことを聞くのみです。


帰りの車で「大丈夫?」と主人に聞かれ、「覚悟はしていたから」とは言ってみたものの、

やっぱりかなしいです。

莉乙奈には泣いているところを見せれないので、車でよかった。


妊娠がわかって、莉乙奈に話をしたら、そこから昼も哺乳瓶で飲むようになり、

一度、夜に寝かせようとしたら大暴れした日があって、

なんとなく哺乳瓶のことが気になっていたので、聞いたのです。

「ママのお腹に赤ちゃんがいるのがいやなの?」と。

「イヤだー」と泣いていました。 

これはオウム返しのような返事だったかもしれないし、本音かもしれないし。

でも、子供のポロっとこぼす一言ほど本音であることを私は知っている。


そんなこともあり、2人目を授かることって、1人目とはだいぶ違うなと。


家について、あれこれしなきゃいけないことがあったので、

主人が莉乙奈を連れて、用事をいくつか済ませてくれました。

その間、私といえば、泣いていました。


ただ、「莉乙奈1人で精一杯なのに2人目なんて考えられない」とずーっと思っていた私が

今は2人目が産める覚悟が出来ていたことを再認識させられました。

たぶん、自分は子供を持つことにとっても慎重なんだと思う。

みんながどれだか考えているかわからないけど、人一倍に慎重だと思う。

「年齢的にもそろそろ産みたいし」というのは女性の体を考えてのことだろうけど、

私にはそういう考えがぜんぜん出来ないのです。

子供を授からないと子供は産められないけど、そういうことじゃない。

自分は妊娠しやすかったことだけでも、本当に恵まれていると思う。

今回のことも、すでに莉乙奈がいるし、

2人目不妊ではなく妊娠できた事だけでも恵まれている。


そうは思うけど、やっぱりかなしいです。


「女の子だったらかわいいね」と夫婦で同感の名前が見つかっていました。

もし次の機会にもめぐり合えたら、

そして、女の子だったら、その名前をつけてあげようと思います。


あさって、薬を飲んだあとの体の反応が、正直怖いです。

陣痛って、むちゃくちゃいたかったんだけどなぁ。。。

莉乙奈がいるので、主人は私を送って、4時間後に迎えにくるしかない。

時には1人で頑張らないとね!と気合を入れてみる。


母に元気を振り絞って電話して報告。

「れいかの時、出血して、おかあちゃんに電話で来てくれる様に頼んだんだけど」と。

「普通に育たない場合は何か問題があるんだから、

無理に産まないほうがいいから行かないよ」と言われて、なんてひどいと思ったけど、

その意味がわかる。と母は言っていました。

その背景の話は初めて聞いたので、やっぱりお母さんはたくましいなぁと思ったのです。

そして、昔の母(おばあちゃんたち世代)はもっと強かったんだろうなぁって。

医学があまりに進んでしまったから、「自然に任せること」が減ったと思う。

一人目の時、私たちはダウン症検査のために血液検査を任意でしています。

気分を害する方がいたらごめんなさい。

私たちには障害のある子を育てきる覚悟がありません。

だから、おばあちゃんの言葉には同感なのです。

「小さい」と言われて、「大きくなってくれ」と願っていました。

血行をよくするしかないなんて一言が目に付いて、水をたくさん飲んだりしたり。

でも、心のどこかでは「無理なら無理しなくっていいよ」とも。


安定期に入り、ご報告できる日を楽しみにしていましたが、

そして、この結果を綴る事もどうかなぁとは思いましたが、

自分の人生の一部を切り抜いてしまうのは寂しいので、

ここに記録として、そして、報告として。

もう少し、ご報告は続きますが、お付き合いくださいませ。




にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

いつか誰かの「フランスで流産」に、ちょっとでもお役に立てれば。
[PR]
by junjun0625 | 2012-08-20 23:55 | grossesse 妊娠