やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

Paris, Je t'aime.

あまりCinémaにこだわりのない私。

e0153088_17261418.jpg

 
最近、お友達のCéciliaが貸してくれのがこのFilm。 
 " Paris, Je t'aime. "

e0153088_17263652.jpg


18もの短編が詰まった約2時間のお話。

 お話ごとに出てくるQuartierは、どこも知っているおなじみ?な場所だらけ。 1つだけ、「はい??」っていうものがあったけど。。。(6話目のPorte de choisy。)

e0153088_17265461.jpg


 それ以外は、9話目のTour Eiffel の100パーセント?ファンタジーなお話、好きだな〜★  そして、日常を垣間みている、あのリアルさ。  子供を預けて、郊外からパリ16区へ家政婦をしに来る女性。そこには自分の子供とと同じ年頃の赤ん坊がいて。。。 とか、子供を失った母親の悲しみ。。。  Caféへ行こうよと、道ばたで死にそうなのに、歌を歌う黒人男性。。。  目の見えない彼に出会った女優の卵と、その彼との恋。。。  吸血鬼に出会い、吸われそう!ってところで、行ってしまう吸血鬼の彼女に、自分の手首をきって、自分の血を差し出す彼。そして。。。   旅先で時々感じる寂しさ。それでも、パリが好きって思う、その気持ち。。。 などなど。

 やっぱり、私もパリが好き。

 なんたって、夜景が美しい。 冬はなかなか夜のお散歩には出ないけど、夏場は、夜ご飯食べたら、「行く??」「行っとく??」な、ノリで街へ。 カフェを一杯よりも、アイスを片手にぶらぶら食べ歩きのほうが好き。 いつも、「ツーリストみたいだね」って。

 この映画は、まさにそう。 「私も、パリが好きだなー」っと、思わせる。住めば都。 都に慣れてしまえば、ただの街。  私はパリに恋い焦がれたり、憧れていたんじゃなくって、「ここにくればオートクチュールに出会える!」なノリで、何も知らずに、来ただけだったもんな〜。

 それでも、パリは20の顔をもつ地区が存在し、その区ごとに、本当に雰囲気がくっきり違っていて、面白い。 たくさんの人がこの街に魅了されるのも、わかる気もする?かな。笑
[PR]
# by junjun0625 | 2008-10-26 09:18 | film 映画