やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

ma boubounette イン JAPAN!!!

Mes créations en ligne : ma boubounette

シックでフレンチスタイルな子供服を提案しております。 ぜひチェックしてみてください!

ご質問やご相談等、お気軽にメール下さい!→atelier.boubunette@gmail.com

facebookもma boubounette のアカウントが出来ました! 
ma boubounette sur facebook

**************************************************************
ということで

フランス雑貨や日本の古道具を扱っているネットショップのflagさん。

実はフランス雑貨の買い付けをさせていただいています。

大阪が拠点で10月6(土)、7(日)のロハスフェスタに参加するそうです!

大阪近辺の方、興味のある方、↓チェックしてみてください!

大阪ロハス


そして、彼女のブース紹介は↓こちら。

flagブース

雨天決行だそうです!! すごいですね。。。


でもって、先週に発送しているのでそろそろ届いているはずなのですが

ma boubounetteのお洋服やアクセサリーを置かせていただきます。

今後もflagさんにて、お取り扱いしていただく予定でおります。


雑貨も彼女が大事に大事に集めてきたものたち。

フランスから飛行機に乗ってやってきた、誰かに大切に使われてきたものたちです。

そこに値がつき、価値に相当するお値段をつけている彼女。

あまり値切ったりしないでね。 それは、物の値打ちを下げることだから。

とは、散文家の友人の言葉。

確かにそうだなぁと思い、引用させてもらいやした。

実際、自分の仕事はお金にならないと本気で思っている。

自分の作る洋服たちにどれだけの値打ちがあるのか?と問えば、

困ってしまう。

ひたすらに縫い続けて得たテクニックに、どれだけの値をつけるか。

しかも自分で。

以前のように雇われるか、時給で働くほうが儲けがいい。

でも、自分が思うおしゃれな子供服って、ありそうでなかったり、むちゃくちゃ高い。

安い工賃で誰かに縫ってもらうわけにはいきません。

だって、「縫製」も売りですから。

スタート時、謙虚な値をつけたら、「安すぎる」と周りに言われ、

値を上げたら誰にも買ってもらえなかった。

1ヶ月が経ち、小物が売れ、そこから注文が少しずつ入るようになった。

なるべく安く買える方法で生地を買うことに徹し、値を抑えてきました。

が、フランスに戻ると、いつもの安い生地屋さんまで車で8時間。。。

でも、その安い生地屋さんでは、今の私が望む質の生地は見つからないことに気づく。

子供服は特に生地の色や柄も大事なのである。

生地代が高くつくようになってしまったけれど、

日本でも、パリの生地屋さん街でも見つからない生地です。

ぶっちゃけてしまいますと、以前の2倍、3倍です。(言っちゃった~。汗)

オーダーのドレス屋さんで働いていたので、一点物作りが私のベースになっています。

ならば、同じものが沢山あるよりも、オリジナルなものを沢山作って生きたいと思い、

同じ生地を沢山買うことをやめました。 

今後、そこをどうカバーしながら作っていくか。。。を検討中ですが、

お客様と一緒に「生地選び」をしてもいいのでは?と思っています。

このお話はまたいつか。


大阪ロハスの宣伝だったのになぁ。 また話しがそれちゃった。





フランス日記再開の応援に↓クリック☆ うれしいです!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

ぜひお越し下さい!!
[PR]
by junjun0625 | 2012-10-01 22:12 | ma boubounette