やっぱり鶏肉が好き

junjun0625.exblog.jp

2009年 08月 31日 ( 2 )

Baptême d'Enora

 エノハの洗礼式。

と、いうことで、8月30日にLes Ulisの教会にて、
ちゃちゃっと洗礼式が行われました。笑 

 なぜ、「ちゃちゃっと」かというと、
私が初めて出席した洗礼はキリスト教のオーソドックスだったんですね。
もう1時間はかかって、神聖なる儀式そのもの、な雰囲気だったんです。

が、今回は公民館みたいな教会で、
「元気ですか??」「みなさん!! 元気ですかー???」と、
なんだかアントニオ猪木だっけ?? そんな感じで始まったんですわ。笑
今回はキリスト教、カトリック。
神父さんが黒人さんなだけあって、笑いありな感じで進行。

 プリントされた 冊子を受け取っても、
教徒でない私には、「???」。

e0153088_1924232.jpg


 そこに、洗礼者のママ(が読む欄)のところに、 「私たちの結婚8月30日」とあり、
あーそういえば、そうだわー。って、同じ日かいなー!!!と、今頃気づいた私。
なんとも彼女らしくって、ちょっと笑えたり。
ゴロアワセで「記念日」を決めれる日本人のようで。

 そんなこんなで、目の前にいた双子の赤ちゃんとにらめっこして時間を潰した私。笑
歌うたえったって、しらなーいしー。笑

 でも、水を頭にかけて「洗礼」をする瞬間などは、
やっぱり身を乗り出してみてしまう。

 その後は、ここのパパのお父さんのお家にて、バーベキュー!!!
と、いうことで、みんなで大移動。

 子供や赤ちゃんがいて、なんだかアットホームなにぎわいで。
アペリチフにはチップスやらミニサンド。
そして、大量の3種類の手作りサラダ。
そーして、バーベキューで焼かれたお肉をサンドイッチに★

 広いお庭にはリンゴの木が3本に、プルーンの木まで!!
仮設プールもあって、子供達、さっそく水着でジャブーン!!!

 チーズも振る舞われ、
「本格的だな、おい」っていうフルコース並な流れ。

 そして、お待ちかね、Baptême(バテンム、洗礼)お決まりケーキ★
小さなシュークリームを飴で留めて形をつくるケーキ!

e0153088_1933573.jpg


 産まれてまだ5週目の赤ちゃんらしく、ゆりかご★
こういう豪快なケーキ、なかなか日本ではみないので、楽しい。
し、おいしかった!! ま、「ベラボーにうまい」もんではないけどね。笑
そして、シャンパンも振る舞われ。

と、思ったら、コーヒーマシーンまで出てきて、
「どうぞー!!」って、ことで、手作りマカロンまで★

 カードゲームを楽しむ主人たち。の横でウトウトしていた私には
「コーヒー頂きマース★」
「マカロンも頂きマース!!!」
と、満腹な腹をさらに満腹にしました。

 本当にちょうどいいお天気で、プールもにぎわい、
おじいちゃんおばあちゃんたち(ちょー元気)に子供たちに孫、ひ孫まで!
っていう光景は、なんともいいもので、
大阪のおじいちゃん、おばあちゃんちに行く楽しみが
さらに楽しみになった私でした。

 うちはキリスト教徒ではないので、こういう大きなイベントはないけれど、
お宮参りなんてするところなんてないけれど、
結婚式同様に、
「一緒にお祝いしてもらいたい。 一緒にこの時を過ごしたい。」と思う気持ちが、
こんな風に素晴らしいオーガナイズをさせる源なんだろうな。って。

 ここの子、なんだか未熟児じゃねーのー??
ってくらい、成長が遅く感じる。
うちの姉の子よりも、約3週間はやく産まれているんだけど、
へけ??? って思うほど、生まれたてみたいで。
おみゃーのママみたく、どっかんとでかく、そのうちなるじゃろー!!
とは思うものの、ちょっと心配。汗

 そんな私も、明日が最後のエコ。
うちの子はちゃんと成長しているでしょうか。
きっと今月がマックスに強く胎動を感じれる貴重な期間。
とは分かっていても、「おいおい、いてー!!!」と思わず言いたくなる動きには、
やはり。。。 J'en ai marre...(もううんざりじゃよ。。。)と、つぶやいちゃったり。汗 

 残りわずかマックス58日か。 
そろそろ頂いたお布団とか、おもちゃとか、洗うかいな。
でも、明日からお天気悪いな。。。
今週末から日本からお友達が泊まりにくるな。。。
と、先延ばしになりそうですが、やるべき事はたくさん隠されている。。。
そんな気配がするので、始めたいと思います。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-31 11:26 | fête お祝い

Anniversaire de Loucas 1an

 ルカス、1歳のお誕生日会

と、いうことで、姉と同じ誕生日の彼。

 めちゃくちゃかわいいんです。

 
 今回は明るい題なんだけど。。。
ここのパパが、3ヶ月前ほど、突然病気になっちゃって。
しかも、何万人、何十万人に一人と言われるほど、珍しい病気で。

 数週間は家族のみ面会可。 呼吸器につながれた状態。
1ヶ月ほどはパリの病院。

 2ヶ月ちょいから、自宅から車で15分ほどの自然たくさんのクリニックへ。
そこから、彼の回復はすごかった!!

 初めて面会に行ったのは、すでに1ヶ月以上経過し、クリニックに移ってから。
もう別人。。。どうやって明るく振る舞えばいいのか、一瞬分からなくなったほど。

 そして、次はそれから2週間ほどあと。
顔色が真っ青で、頬もこけ落ちていた彼が、
もう以前の彼を思い出す事が出来るほどに、顔が復活!!
 前回は奥さんがもっていたおやつも、「甘くて食べれない」
と,言って一口、二口だったのが!!
 アップルパイを1個半、パクパク食べる、食べる!!!

 リハビリもカリキュラムのように、いろいろあって、
その甲斐あってかな、すごい回復力。 若いのもあるんだろう。
 
 主人なりに彼に出来る事は、「暇でしょ??ゲームどうよ??」笑
と、いうことで、あれこれいろんなソフトを用意してました。

 そして、週末は自宅へ帰れるようになり、車いすから、杖になり、
2本の杖から、1本。 そして、今は杖なしで歩けるようになり、

 息子の誕生日を自宅にて、一緒にお祝い出来ました!!!!!

 家族があつまり、親しい友人が集い、奥さんと、そのママがもてなしてくれた
ケーキはすごかった!!!!! 
 
e0153088_1819275.jpg

 汽車でっせー!!! 手作り★ さっすがー!!
料理、お菓子作りが得意な彼女。 ママも相当なものと思われる。
しかも、ちょー美味しかった!!! しっかり、おかわりしましたけどね〜。笑

e0153088_18184982.jpg

 彼女はルーマニア人で、旦那さんが病気になってすぐにルーマニアからママが
すぐに来てくれてたんですね。 ビザなしてゆっくり居られるのも、ユーロ圏になったお陰。
あーよかったね。って、こういう時思う。

 ルカスはまだ一人で歩けないけれど、人に手を引かれたら、
もうとどまる事をしらない。
 4本生えた歯をきらーんとさせて笑う顔は、もうこっちまでにっこり★

 プレゼントは、組み立てが必要なものが多々ありで、
お庭にて、さっそく組み立て開始。笑

 私はのんびり眺めながら、旦那さんのママりん、その妹さん姉妹の
「ちょっとあなた!!!」から始まる、おばちゃん会話に圧倒されつつ、
彼女たちの妊娠話に、
「いろんな国が混ざった子はかわいいわよー!!!!!」となる。笑
彼女たち自身、イタリアとフランスのハーフ。
ルカスのパパは、フランスと、どっか。笑 忘れたー。
で、ママはルーマニア。
なので、ルーマニア50パー。フランス25パー。イタリア12、5パー、と、あとどっか。笑
結局は「ヨーロピアンね。」と。笑
うちは、日本50ぱー、フランス25パー、シリア25パー。
結局は「黒い目に、黒い髪のほうが、強くでるわよー!!!」と。笑

 今現在は、黒髪の主人も、2、3歳までは金髪???だったそうな。
ま、茶色だろー!!と、私は思っているのだが、
当時の写真を保有しているのは、主人のママのみだそうで,
彼女の家に行かない限り、拝見出来ない。。。 
しかも、主人は3人目なので、「写真の量も少ないよ」と主人。

 うちの両親が、って、お母さんが、だけど、
アルバムにしてくれてある写真だけで、主人には「すごい量」だそう。


e0153088_18202624.jpg

 こうやって、家族に囲まれて、お誕生日をお祝いしてもらって、
オーガナイズするパパ、ママは大変だろうけど、
パパもママも一緒にお家でお祝い出来た事が終止うれしそうで、
もう彼の病気の事を思い出せないほどでした。
彼もあと1週間でクリニックを退院。 
通院は続くけれど、家での生活が再び始まることが、何よりもうれしい。

 当たり前のことが、当たり前でなくなった時、
それでも頑張れるだけの力が自分にはあるのか。
どんなに「たくましい」と思われていても、
この彼女のように振る舞えるのか??

 まさか身近でこんな事が起こるとは思わなかったが、
当事者なんて、もっと「まさか」な事だったはず。

 ルカスが一人でお庭を這いずり回って辿り着く先がパパで、
そんな様子を見ているだけで、感無量。

 ダラダラ生活は大好きだけど、ちょっと気を引き締めてみる時間が、
私には必要ね。 時は流れるように過ぎていく。

 といっても、ストイックになれない私。
お陰で体重はすごいです。笑
[PR]
by junjun0625 | 2009-08-31 10:37 | fête お祝い